トップページ > 最新情報 > macOS Big Sur 11.3のSafariで、WebM動画の再生に対応か
2021年2月19日 11時57分

読了まで 159

macOS Big Sur 11.3のSafariで、WebM動画の再生に対応か

WebM


 
現地時間2月17日、開発者向けにリリースされたmacOS Big Sur 11.3ベータ2のSafariが、WebM動画の再生に対応していることが明らかとなりました。

AppleのSafariでついにWebM動画再生をサポート

開発者向けにリリースされたmacOS Big Sur 11.3ベータ2では、SafariにWebM動画再生のサポートが追加されています。WebMは、2010年にGoogleが発表したロイヤリティフリーの動画のコンテナフォーマットで、同社が開発した画像フォーマットWebPに似ています。
 
現在、ほぼ全てのWebブラウザはWebP動画に対応していますが、これまでAppleがSafariにWebPのサポートを追加することはありませんでした。2010年にAppleの共同設立者の1人であるスティーブ・ジョブズ氏は、AppleはWebMを採用する予定はないと主張していました。
 
MacでmacOS Big Sur 11.3ベータ2を実行している場合は、The WebM ProjectのWebサイトにデモ動画が公開されており視聴が可能です。

既に、WebP画像やVP9をサポート

WebM動画の対応に先立ち、Appleは、macOS Big SurでSafariにWebP画像のサポートを追加しています。その他、VP9にも対応し、YouTubeやNetflixなどで4K HDRコンテンツが視聴できるようになりました。macOS Big Surの登場で、Safariに翻訳機能が埋め込まれ、プライバシーを制御できる多くの機能が導入されました。
 
macOS Big Sur 11.3ベータ2は現在、Apple Beta Software Programに登録している開発者とユーザーが利用できます。なお、Appleは一般向けのアップデートの公開時期については明らかにしていません。
 
 
Source:The 8-Bit via 9to5Google
(m7000)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる