トップページ > 最新情報 > 2021年第1四半期における中国のスマホ用アプリケーションプロセッサの出荷数は停滞?
2021年2月3日 08時08分

読了まで 20

2021年第1四半期における中国のスマホ用アプリケーションプロセッサの出荷数は停滞?

さまざまなスマートフォンが並んだ画像


 
5Gの需要に沸くスマートフォン市場ですが、2021年第1四半期(1月~3月)における、中国のスマートフォン用アプリケーションプロセッサ(AP)の出荷数は、横ばいとなる見込みだそうです。一方、2020年第4四半期(10月~12月)の出荷数は前年同期比で7.7%増となりました。

2020年第4四半期は好調も2021年第1四半期は停滞

台湾メディアのDigiTimesによると、中国における2020年第4四半期(10月~12月)のスマートフォン用APの出荷数は約2億1,160万台でした。
 
これは、前四半期比で9.9%増、前年同期比で7.7%増の出荷数です。
 
メーカー別のシェアはMediaTekが42.5%で首位、続いてQualcommが41.5%、HiSiliconが9.5%となっています。さらに、2021年第1四半期もMediaTekが市場のリーダーである続けると予想されています
 
MediaTekはCounterpoint Researchによる、2020年第3四半期(7月~9月)におけるスマートフォン向けチップのシェア調査でもQualcommを抜いて首位となっていました。
 
一方、中国における2021年第1四半期(1月~3月)のスマートフォン用APの出荷数見込みは、前四半期比で横ばいとのことです。

先端プロセスで製造されるAPの割合がさらに増加

また、12ナノメートル(nm)プロセスで製造されたスマートフォン用APの割合は、2020年第4四半期(10月~12月)における中国全体のAP出荷数の38.4%を占めました。
 
さらに、2021年第1四半期(1月~3月)に6/7/8nmプロセスで製造されるスマートフォン用APの出荷数が全体の出荷数に占める割合は、12nmプロセスで製造されるものを上回る見込みで、先端プロセスへの移行がさらに進むとみられます。
 
 
Source:DigiTimes via Gizmochina
(ハウザー)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる