トップページ > 最新情報 > Apple、アプリの追跡申告の導入に合わせApp Storeのガイドラインを更新
2021年2月2日 18時18分

読了まで 210

Apple、アプリの追跡申告の導入に合わせApp Storeのガイドラインを更新

app store ガイドライン


 
Appleは今春から、新たなプライバシー機能「App Tracking Transparency(アプリケーションのトラッキング申告)」の導入を予定していますが、iOSアプリ開発におけるApp Storeガイドラインをアップデートしたことが明らかになりました。

デベロッパサイトで改訂内容が発表

今春から導入されるプライバシー機能「App Tracking Transparency」により、新バージョンのiOS14、iPadOS14、tvOS14で、アプリやWebサイトがユーザーを追跡する際にユーザーの許可が必要となります。
 
Appleはデベロッパサイトのニュースとアップデートで、「App Store Reviewガイドラインが更新されました」と発表しました。
 

App Storeは、ユーザーがAppを見つけられる安全で信頼できる場所であり、デベロッパにも素晴らしい機会を提供します。App Store Reviewガイドラインの変更や補足説明は、リリースされるOSの新機能への対応、ユーザーに対する保護の強化、さらに、デベロッパができる限り円滑にApp Reviewを進められることを目的としています。
 
この改訂ガイドライン5.1.2(i)は、2021年の早春までに、App Storeに提出されるすべての新規App、および既存Appのアップデートに適用されます。つきましては、下記の更新内容をご確認ください。

 
改訂ガイドライン5.1.2(i)での追加内容は次のとおりとなっています。
 

「ユーザアクティビティをトラッキングするには、App Tracking Transparency APIを介して、ユーザーの明示的な許可を得る必要があります。(後略)」

 
その他にも、「薬物やアルコール等の促進、助長の禁止」「含めてはいけないメタデータ」などについて明記する内容も改定ガイドラインに記されています。
 
App Storeには、各アプリがユーザーのデータをどう取り扱うかを食品の栄養表示のように示した「プライバシーラベル」が2020年12月から追加されており、アプリのプライバシーの扱い方についての透明性は以前と比べて確実に高まりつつあります。
 
 
Source:Apple via AppleInsider
(lexi)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる