トップページ > iPad > 初代iPadが発表されてから11年〜コレクターが試作品を新たに公開
2021年1月25日 12時05分

読了まで 28

初代iPadが発表されてから11年〜コレクターが試作品を新たに公開

ipad 初代 公式 wifi 3g


 
初代iPadのプロトタイプが立て続けに公開されています。2010年1月に初代iPadが公開されてから11年が経ちますが、スペックやラインナップは大きく変化しました。しかし、基本的なデザインは現在のiPadにも引き継がれています。

製品とほぼ見分けがつかない

今回新たに公開されたiPadは、発売前にAppleが試作品として製造していたもの(プロトタイプ)です。所有しているのはApple製品のプロトタイプを収集しているDongle氏(@DongleBookPro)で、他にもプロトタイプのiPadを公開しています。
 
実際に発売された第1世代のiPadとほぼ見分けはつきませんが、背面にはしっかりとプロトタイプであることを示す「PT499049」の文字が確認できます。Appleのロゴにシールの跡があるのは、発売前のリークを回避しようとしてのものでしょうか。上部の黒い蓋のような樹脂カバー(アンテナ)は、Wi-Fi+3Gモデルを示す証です(不評だったこのデザインは2016年のiPad Proでようやく廃止されました)。
 


 
初代iPadは48,800円〜で2010年4月に発売され、発売初日に30万台、半年で750万台の売上を記録しました。
 
スマートフォンすら所有していない消費者が多かった時代、当時とすれば画期的な売れ行きでしたが、Appleは10年後の2020年に5,000万台以上のiPadを出荷したとされています。
 
 
Source:Twitter-DongleBookPro
(kihachi)

カテゴリ : iPad, 最新情報  タグ : , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる