トップページ > iPhone > Appleがコロナ禍にもかかわらずスマートフォンの出荷台数を10%以上伸ばす
2021年1月14日 09時34分

読了まで 150

Appleがコロナ禍にもかかわらずスマートフォンの出荷台数を10%以上伸ばす

iPhone11のトリプルカメラの画像


 
2020年は新型コロナウイルスにより、世界中でさまざまな業界が影響を受けた1年でした。そんななかでも、Appleは2019年に比べてスマートフォンの出荷台数を10%以上伸ばすことに成功したそうです。

世界のスマートフォン出荷台数は8.8%減少

市場動向調査機関であるDigiTimes Researchによると、2020年の世界のスマートフォン出荷台数は2019年に比べて8.8%減少して約12.4億台でした。
 
スマートフォン出荷台数における上位6社のうち、2019年と比較して出荷台数を伸ばせたのはAppleとXiaomiのみで、10%以上の成長でした。
 
一方、SamsungとHuaweiは2桁減と大きな影響を受けたとのことです。Huaweiの減少は米国による制裁の影響も大きいとみられます。
 

5G対応スマートフォンの出荷台数は大きく伸びる

5G対応スマートフォンの出荷台数は約2億8,000万~3億台に達し、前年の2,000万台から大きく増加しています。
 
これは、消費者の5Gに対する需要が大きいことを示しています。
 
また、コロナウイルスによる影響は通年で一定だったわけではなかったようです。
 
2020年第1四半期(1月~3月)に前年同期比で20%以上急降下し、第2四半期(4月~6月)には2桁台のペースで減少しましたが、第3四半期(7月~9月)には減少幅を1桁台に狭め、第4四半期(10月~12月)には1桁台のリバウンドを見せるまでになったとのことです。
 
 
Source:MacRumors
Photo:ぱくたそ
(ハウザー)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる