トップページ > iOS > Apple、COVID-19接触通知機能のバグ修正のためiOS12.5.1をリリース
2021年1月12日 04時53分

読了まで 137

Apple、COVID-19接触通知機能のバグ修正のためiOS12.5.1をリリース

iPhone6


 
Appleは、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の接触通知機能のバグを修正した、iOS12.5.1を旧iPhoneモデル向けに公開しました。

iOS14がサポートされていないモデルでもインストール可

Appleは先月、古いiPhone向けにCOVID-19の接触通知機能が追加されたiOS12.5をリリースしましたが、そのバグが修正されたiOS12.5.1が公開されたことが明らかになりました。
 
リリースノートには、「このアップデートを適用すると、接触通知内でログ記録のプロファイルの言語が間違って表示されることがある問題が修正されます」とだけ記されていますが、COVID-19の接触通知機能のバグ修正も行われているようです。
 
iOS12.5.1は、iOS14がサポートされていないiPhone6シリーズなどの旧モデルを含む、以下のデバイスで利用可能となっています。
 

  • iPad Air
  • iPad mini2
  • iPad mini3
  • iPhone5s
  • iPhone6
  • iPhone6 Plus
  • iPod touch(第6世代)

 
 
Source:Apple via 9to5Mac
(lexi)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる