トップページ > 最新情報 > Apple Carがモノセルの、リン酸鉄リチウムイオンバッテリー搭載か
2020年12月29日 00時15分

読了まで 157

Apple Carがモノセルの、リン酸鉄リチウムイオンバッテリー搭載か

Apple Car_Apple Hub


 
韓国メディアThe Elecは、Apple Carはモノセルのリン酸鉄リチウムイオンバッテリーを搭載、専用チップの製造をTSMC、車体の組み立てをFoxconnが行う可能性があると報じています。

リン酸鉄リチウムイオンバッテリーの搭載を計画

Apple Car革新的なバッテリーを搭載するとの報道に関し、THE ELECはAppleは自社開発の車に、モノセルのリン酸鉄リチウムイオンバッテリーを搭載する計画だと報じています
 
リン酸鉄リチウムイオンバッテリーは安全性に優れ、中国の電気自動車(EV)大手、比亜迪(BYD)や、車載電池大手の寧徳時代新能源科技(CATL)が製造しています。
 
トヨタは2022年〜2024年に、現在のリチウムイオン電池の2倍以上の性能を持つ第1世代の全固体電池をEVに搭載するとも噂されており、次世代バッテリー技術においてメーカー間の競争が激化すると予想されます。

自動運転システムのみのライセンス契約も

EVはバッテリーとモーターで駆動することから、パワートレインを作る上での参入障壁が内燃機関搭載車よりも低いと考えられています。
 
iPhoneの組み立てを担っているFoxconnは、「EVが将来の成長の鍵になる」と発表し、製造を計画しているとみられることから、Apple Carの主要部品の製造も同社が担う可能性があるとThe Elecは伝えています。
 
ただし、米シティグループの試算では自動車会社の世界上位10社の平均利益率が15%なのに対し、Appleは38%を確保していることから、EV自体を生産販売するのではなく、Appleが開発した自動運転システムを自動車会社とライセンス契約するビジネスも考えられるようです。
 
 
Source:The Elec, 日本経済新聞, COTAC
Photo:Apple Hub/Twitter
(FT729)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる