80コア/TDP 250Wのサーバー用ARMプロセッサがAmpereから登場

    Ampare ARM Server chip_5

    Ampare ARM Server chip_5
     
    Intelの元副社長、ルネ・ジェームズ氏により2017年に設立されたAmpere Computingから、ARMアーキテクチャを採用したサーバー用プロセッサ「Ampere Altra Q80-33」が登場しました。

    80コアのARMアーキテクチャ・プロセッサ

    Ampare ARM Server chip_1
     
    Ampere Altra Q80-33」は80コアで、熱設計電力(TDP:Thermal Design Power)は1ソケットあたり250ワットに達します。Ampereの2ソケット2Uラックサーバーである「Mount Jade」は、2つのAltra Q80-33を搭載します。
     
    Ampare ARM Server chip_3
     
    「Mount Jade」の設計検証試験(DVT:Design Validation Test)用リファレンス・マザーボードには、最大16基のDIMMスロットと、2つのLGA4926ソケットが装備されています。DRAMはソケットあたり最大4TBがサポートされるとのことです
     
    Ampare ARM Server chip_6
     
    Ampare ARM Server chip_4

    AMD Ryzenと比較しても巨大

    Altra Q80-33の大きさは約77ミリ × 66.8ミリとのことで、AMD Ryzenと比較してもその巨大さがわかります。
     
    Ampare ARM Server chip_5
     
    付属の250ワット対応クーラーは、これで十分な冷却能力が得られるのかと思われるサイズですが、Ampereは様々な設計を試した結果、このデザインが適していると判断したとのことです。
     
    Ampare ARM Server chip_7
     
    クーラー内部には6本のU字型ヒートパイプが内蔵され、シルバーのフィンで放熱されるようで、Mac Pro(2019年〜2012年モデル)に搭載されたクーラーを小型化したようなデザインになっています。
     
    Mac Pro 2009
     
     
    Source:AnandTech
    Photo:秋葉原最終処分場。/Twitter
    (FT729)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします
    目次