トップページ > iPhone13 > iPhone13全モデルがLiDARを搭載、Face ID部品変更でノッチ小型化か
2020年12月20日 22時15分

読了まで 157

iPhone13全モデルがLiDARを搭載、Face ID部品変更でノッチ小型化か

iPhone13


 
Gizchinaが、iPhone13シリーズ全モデルがリアカメラハウジング部にLiDARを搭載、フロントカメラを含むFace IDユニットでは3Dセンシングデバイスが大きく変更され、ノッチが小さくなると伝えています。

iPhone12 Proの人気を受け、iPhone13全モデルがLiDAR搭載か

Gizchinaが、AppleはiPhone12 Proシリーズの高い人気をふまえ、iPhone13シリーズにラインナップされると噂の4モデル全てにLiDARを搭載する可能性があると報じています。iPhone13用ケースに関して、リアカメラハウジング部の穴の数が増えているとの情報もあるようです。
 
iPhone用LiDARの垂直共振器面発光レーザー(VCSEL)サプライヤーには、米Lumentumに加え、米II-VIが加わる見通しです。LiDARによる距離計測にはToF(Time of Flight)センサーが用いられますが、ToFセンサーの精度向上に寄与するのがVCSELです。
 

Face ID用VCSEL統合で、ノッチ小型化か

GizchinaがAppleのサプライヤー筋から入手した情報では、iPhone13シリーズのフロントカメラを含むFace IDユニットの3Dセンシングデバイスが大きく変更され、ノッチが小さくなる可能性があるようです。
 
iPhone13シリーズのFace ID用に搭載されるVCSELの数が、iPhone12シリーズの3つから2つに減ることでノッチが小型化されるとの噂もあるようですが、Gizchinaは、引き続き3つと予想しています。
 
iPhone13シリーズのノッチ縦幅が短くなると、リーカーのIce universe氏(@UniverseIce)がTwitterに投稿していました。
 
 
Source:Gizchina
(FT729)

カテゴリ : iPhone13, 最新情報  タグ : , , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる