2020年12月19日 15時59分

読了まで 25

Instagram、iPhone12 Pro/Maxの「ProRAW」画像に対応

Instagram


 
が、フォーマットで撮影された画像ファイルのアップロードに対応することが分かりました。

12月19日から順次対応

Instagramが現地時間12月19日から ProRAWフォーマットで撮影された画像のアップロードに順次対応する、とInstagramのエンジニア、ティム・ジョンソン氏がツイートしています。
 


 
ただし、Appleが説明しているように、ProRAWフォーマット(.DNG)の画像ファイルは1枚で25MB前後と、通常の画像ファイルと比べて数十倍のサイズとなるため、アップロード時に自動的に圧縮されるとみられます。
 
また、Instagram上でProRAWフォーマットの画像編集ツールは提供されないため、画像の編集には「Darkroom」や「Halide」のようなRAW画像を編集できるが必要です。
 


 

編集・加工の自由度が高いフォーマット

Apple ProRAWは、加工の自由度が高いRAWイメージのをPhone12 ProとiPhone12 Pro Maxで撮影できるフォーマットで、先日公開されたiOS14.3で利用可能となりました。
 
ProRAWの画像は、対応アプリで編集することで、通常撮影よりも鮮明な画像に加工することが可能で、プロカメラマンのオースティン・マン氏が、違いの分かりやすい作品を公開しています
 
 
Source:9to5Mac
(hato)

著者情報

iPhone Mania編集部

iPhone Mania編集部です。iPhone、MacなどApple製品が大好きな国内外のライターが集まり、2013年から記事を執筆しています。Apple製品の最新情報から使い方、お役立ち情報まで、幅広くお伝えしていきます!

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる