2024年2月15日 サイトリニューアルを行いました。引き続きどうぞよろしくお願い申し上げます。

    KDDI、5Gエリア拡大に向けLTE用周波数の転用を12月中旬開始と発表

    KDDI au 5G

    KDDI au 5G
     
    KDDIは12月9日、5Gエリア拡大に向けた取り組みとして、現在4G(LTE)に利用している3.5GHz帯の周波数帯を5Gに転用し、2020年12月中旬から運用を開始すると発表しました。

    LTE用周波数を5G用に転用

    KDDIは、5Gエリアネットワークの拡大に向けて、5G用に周波数を割り当てられている3.7GHz帯と28GHz帯に加えて、現在はLTEに使用している3.5GHz帯などの既存周波数帯を利用した5Gサービスを2020年12月中旬以降、東名阪エリアで順次開始すると発表しました。
     
    KDDI au 5G
     
    3.5GHz帯での5G通信を利用するには、12月中旬に予定されているソフトウェアアップデートが必要です。
     
    KDDIは、5G対応基地局を2021年3月には1万局、2022年3月には5万局まで整備する計画で、高密度の5Gネットワークを構築する計画とのことです。

    5G接続で高画質への自動切り替え端末も拡大

    KDDIは独自のサービスとして、データ通信使い放題の料金プランを契約した対応端末が5Gネットワークに接続すると、動画コンテンツなどを自動で高画質に切り替える自動判定機能を提供しています。
     
    KDDI au 5G
     
    現在、この機能はiPhone12シリーズのみが対応していますが、今後、対応端末が増える予定とのことです。
     
     
    Source:KDDI
    (hato)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします
    目次