Huawei、武漢に同社初の中国国内チップ生産工場を完成

    Huawei Wuhan

    Huawei Wuhan
     
    米政府による規制が強まり、チップセット調達が困難になったHuaweiは、中国国内へのチップ生産工場建設に乗り出していましたが、その第一号が完成しました。

    武漢工場が完成

    現地メディアChina Money Networkによると、Huaweiとしての初の国内工場「Wuhan Huawei Optical Factory Project (Phase II)」が完成した模様です。
     
    工場は武漢オプティクスバレーに位置し、総敷地面積は208,900平方メートルです。敷地内にはチップ製造工場、キュービクル式高圧受電設備、電源制御装置(PMD)などが配備されている模様です。敷地内にはまた、Huawei最大の研究開発施設も位置します。
     
    なお同メディアによれば、Huaweiは武漢だけでなく、上海にもチップ生産工場を建設する計画で、工場の運営管理は上海を拠点とする企業が担う見通しです。

    来年まず45nmプロセスからスタート

    ただしチップ生産工場が完成したとはいえ、Huaweiがただちに自社の最新スマートフォンに搭載可能なチップを生産できるわけではありません。同社はまず来年に、45ナノメートル(nm)プロセスでの生産に着手し、2022年に28nmプロセスへと移行する計画です。
     
    ちなみにHuaweiの次期フラッグシップモデル「Mate 40」に搭載されるチップ「Kirin 9000」は、5nmプロセスで製造されています。

     
     
    Source:China Money Network via Gizmochina
    (lunatic)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします

    この記事を書いた人

    元某業界新聞社の記者。その後フリーライターとして各方面で執筆、英日翻訳家としての著書も多数。2014年から本メディアでライター、編集記者として活動中。アメリカ在住(現在は日本に滞在中)。iPhone使用歴は12年以上。

    特集

    [PR]オフィシャルサイト

    目次