トップページ > 最新情報 > ドコモ、sub6周波数帯を束ねることで国内最速の5G通信を実現
2020年12月8日 03時22分

読了まで 146

ドコモ、sub6周波数帯を束ねることで国内最速の5G通信を実現

ドコモ5Gsub6


 
NTTドコモは12月7日、複数のsub6周波数帯を束ねることで、国内で最も速い5G通信を実現したと発表しました。

sub6周波数帯を活用

ドコモは半導体大手Qualcomm Technologies(クアルコム)と共同で、sub6と呼ばれている3.7GHz帯と4.5GHz帯の周波数を束ねる「キャリアアグリゲーション」という手法を活用した高速通信を世界で初めて提供すると発表しました。
 
発表資料によると、この手法により5G通信で国内最速の下り最大4.2Gbpsを実現しており、12月7日に既に提供を開始しています。
 
ドコモは2020年9月から28GHz帯による高速通信を提供しており、今回のsub6周波数帯のキャリアアグリゲーションを活用することで、高速通信対応エリアの更なる展開を進めるとしています。

Xperia 5 IIが対応

Xperia 5 II SO-52A
 
sub6周波数帯のキャリアアグリゲーションによる5G通信を利用するためには、利用する端末がクアルコムの「Snapdragon865」等を搭載している必要があります。
 
現在ドコモが販売するスマートフォンでは2020年冬モデルのハイスペックモデル2機種が対象で、Xperia5 IIが既に対応しており、Galaxy Note20 Ultra 5Gが今月中に対応する予定となっています。
 
ドコモが提供する5Gエリアは現在は限定的ですが、今後拡大することが期待されます。
 
 
Source:NTTドコモ
(seng)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる