MapアプリのLook Around機能、福岡、広島、高松でも利用可能に

    Mapアプリ

    Mapアプリ
     
    AppleはiOS13からMapアプリにGoogleのストリートビューのような機能であるLook Aroundを追加しています。日本でも東京周辺、名古屋市周辺、大阪周辺で利用可能だったのですが、福岡市、広島市、高松市の一部でも利用できるようになりました。

    順次対応地域拡大中

    2020年8月から日本でも使えるようになったMapアプリの新機能Look AroundはGoogleのストリートビューよりも滑らかに表示されるため、快適に閲覧できると一定の評価を得ています。しかしこれまで利用可能地域が東京周辺、大阪周辺、名古屋市周辺に限られており、対応エリアでは大幅に遅れをとっている状態です。
     
    Mapアプリ
     
    Appleも継続的に情報収集を続けており、今回、福岡市、広島市、高松市の一部Look Aroundが対応しました。それぞれ対応しているエリアは市街地が中心であり、エリア面でストリートビューとはまだ比べられる水準には達していませんが、それでも対応エリア内なら細い路地までカバーしています。
     
    Mapアプリ
     
    なお現在Look Aroundが対応していない仙台市、金沢市でも自動車による情報収集を進めているとAppleが公表しており、これら二都市でもそう遠くない将来、Look Aroundが使えるようになると予想されています。
     
     
    Source:iをありがとう
    (KAZ)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします

    この記事を書いた人

    特集

    [PR]オフィシャルサイト

    目次