トップページ > iOS > iPhone標準マップ「Look Around」日本上陸!滑らかな表示が特徴
2020年8月5日 08時15分

読了まで 150

iPhone標準マップ「Look Around」日本上陸!滑らかな表示が特徴

Apple iPhone マップ LookAround
 
iPhoneの標準「マップ」アプリで、Googleのストリートビューのように実際の景色の中を見て回れる機能「Look Around」機能が日本でも利用可能となっています。

iOS13でアメリカから順次採用

Look Around」は、2019年にリリースされたiOS13で採用された新機能で、先にアメリカでリリースされていました。
 
Googleのストリートビューと似ていますが、実写画像のタップ、ドラッグによる移動や拡大の操作は、Look Aroundのほうが滑らかなのが特徴です。

東京などの一部地域で利用可能

Appleは、日本国内各地で画像収集作業を行なっており、この時に撮影された画像が用いられているとみられます。
 
現時点では、東京、神奈川、愛知、大阪、京都、奈良、茨城、埼玉、千葉、滋賀、兵庫の各都府県の一部地域で利用可能です。
 

Apple 丸の内近辺を散策してみた

Look Aroundは、「マップ」アプリで、双眼鏡のアイコンが表示される地域で利用可能です。
 
Apple iPhone マップ LookAround
 
Apple 丸の内近辺を表示してみました。
 
Apple iPhone マップ LookAround
 
Look Aroundは縦画面と横画面のどちらでも利用できますが、特に、横画面でフルスクリーン表示してズームすると、かなり画像が鮮明なのがわかります。人物の顔、自動車のナンバーにはモザイクがかかっています。
 
Apple iPhone マップ LookAround
 
埼玉県の住宅街なども表示してみましたが、対象地域では細かい道でも撮影が行われていることがわかります。
 
 
Source:iをありがとう
(hato)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる