2024年2月15日 サイトリニューアルを行いました。引き続きどうぞよろしくお願い申し上げます。

    日本通信、データ容量16GB・月1980円の新プラン発表 ドコモのahamoに対抗

    日本通信

    日本通信
     
    MVNOの日本通信は、昨日NTTドコモが”MVNO潰し”とも言われる料金プランを発表したことを受け、新たに対抗策として「SSDプラン」を12月10日より提供開始すると発表しました。

    基本データ容量16GB、無料通話70分/月を含むプラン

    日本通信が12月10日より提供開始する「SSDプラン」は、16GBのデータ容量に70分/月の通話料金を含めたプランで、月額料金は1,980円となっています。
     
    基本データ容量16GBを超過した場合は、1GBあたり250円で使った分だけ料金が自動適用される「おかわり課金方式」を採用しており、上限値はユーザー自身が16GB〜30GBの間の1GB単位で設定することができます。

    ドコモの新料金プラン発表後は、基本データ容量を20GBに増量

    「SSDプラン」の基本データ容量は16GBですが、NTTドコモが新料金プラン「ahamo」を提供開始する2021年3月以降は、料金の変更なしで、基本データ容量が16GBから20GBへ自動的に増量されます。

    通話料金は大手キャリアの半額、専用アプリの使用も不要

    通話料金に関しては、「SSDプラン」では1カ月あたり70分までの通話は無料です。
     
    日本通信によると、統計数値上の携帯電話での通話時間は平均130分/月で、これを発信と着信の半々で想定した場合、料金がかかる発信は65分のため、平均的なユーザーは無料通話分のみで通話が可能としています。
     
    なお、70分を超える分については30秒あたり10円の通話料金が発生しますが、この通話料金は大手携帯キャリアの半額であり、通話時に専用アプリを使う必要もありません。
     
     
    日本通信の「SSDプラン」と大手携帯キャリのプランの比較表
     
     
    Source:日本通信
    Photo:Twitter(日本通信&b-mobile公式)
    (kotobaya)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします
    目次