トップページ > 最新情報 > Apple、(PRODUCT)REDの収益を全額コロナ対策に〜2021年6月末まで
2020年12月2日 00時37分

読了まで 232

Apple、(PRODUCT)REDの収益を全額コロナ対策に〜2021年6月末まで

Apple (RED) 世界エイズデー


 
Appleは12月1日、2021年6月30日までの期間、(PRODUCT)RED製品の販売から得られた収益を全額、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対策に振り向けると発表しました。

コロナ対策への寄付期間を延長

世界的にCOVID-19による脅威が続く中、Appleは、(PRODUCT)RED製品から得られる収益の一部を2020年12月31日まで新型コロナウイルスへの対策に寄付しており、また自社で設計・生産したフェイスシールドなどの個人用防護具を医療従事者に提供しています。
 
Apple (RED) 世界エイズデー
 
世界エイズデーの12月1日、Appleは公式Webサイトのトップページで(PRODUCT)RED製品を特集するとともに、2021年6月30日まで、(PRODUCT)RED製品の販売による収益の100パーセントをCOVID-19対策に振り向けると発表しました。

Apple Payによる寄付も実施

Appleは、真っ赤なカラーリングが特徴的な(PRODUCT)RED製品の販売による収益を、グローバルファンドのHIV/AIDS対策に寄付しており、2006年からの寄付総額は2億5,000万ドル(約260億円)にのぼります。
 
Apple (RED) 世界エイズデー
 
Appleは、12月1日から7日までの期間にApple公式Webサイト、「Apple Store」アプリでApple Payを使った購入1件につき1ドルを、グローバルファンドのCOVID-19対策に寄付する取り組みも実施しています。
 
Appleのティム・クック最高経営責任者(CEO)も、Appleと(RED)の14年間にわたる取り組みをTwitterで紹介しています。
 


 

Apple Musicでは限定シングルを公開

世界エイズデーの12月1日、HIV/AIDS根絶に向けた認知拡大のため、世界各地のApple Store直営店で、Appleロゴが赤く染まるディスプレイが行われます。
 
Apple Musicでは、世界エイズデーに合わせた特集ページ「(RED) World AIDS Day」が開設され、限定シングルの公開や、厳選されたアフリカの音楽が紹介されています。

 

 
 
Source:Apple, Apple Music
(hato)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる