2024年2月15日 サイトリニューアルを行いました。引き続きどうぞよろしくお願い申し上げます。

    【長期レビュー:前編】ベルキンの高音質スマートスピーカーを2週間使ってみた

    ベルキン Belkin SOUNDFORM  ELITE Hi-Fi スマートスピーカー レビュー

    ベルキン Belkin SOUNDFORM  ELITE Hi-Fi スマートスピーカー レビュー
     
    Apple製品と相性の良い各種アクセサリーで知られるベルキン(Belkin)から10月23日に発売された、高音質スマートスピーカー「SOUNDFORM  ELITE Hi-Fiスマートスピーカー」を2週間、みっちり使ってみたのでご紹介します。
     
    前編では、製品の概要と設置、セットアップなどについて、後編ではさまざまな使用シーンで感じたサウンドの印象についてご紹介します。

    ベルキンとフランスのオーディオメーカーのコラボ

    ベルキンといえば、MagSafe対応のカーマウントなど、Apple公式ストアで販売される製品も多く、Apple製品と相性の良いアクセサリーブランドとして定評があります。
     
    そんなベルキンから、スマートスピーカー「SOUNDFORM  ELITE Hi-Fiスマートスピーカー」が10月23日に発売され、2週間にわたってお借りする機会をいただきました。本体カラーはホワイトとブラックを選択可能でしたが、私はホワイトを選択しました。
     
    ベルキン Belkin SOUNDFORM  ELITE Hi-Fi スマートスピーカー レビュー
     
    「SOUNDFORM  ELITE Hi-Fiスマートスピーカー」は、2007年にフランスで創業したオーディオメーカー、Devialet(デビアレ)との共同開発による製品で、名前に含まれる「Hi-Fi」が示すように、高音質が売りの製品です。
     
    ベルキン Belkin SOUNDFORM  ELITE Hi-Fi スマートスピーカー
     
    Googleアシスタントを内蔵しており、音声による各種操作ができるほか、連携するスマートホーム機器の操作も可能です。

    設置:スタイリッシュなデザインはどこに置いても映える

    「SOUNDFORM  ELITE Hi-Fiスマートスピーカー」は、円筒を斜めにカットしたようなデザインが印象的です。
     
    柔らかい曲線を描く本体側面は、ライトグレーのファブリックで覆われており、シャープな直線基調の本体上部との組み合わせがスタイリッシュです。
     
    筆者は作業デスク、リビングのテーブル、キャビネットなどの場所に設置して使ってみましたが、どこに置いてもインテリアになじむデザインだと感じました。
     
    ベルキン Belkin SOUNDFORM  ELITE Hi-Fi スマートスピーカー レビュー
     
    傾斜した本体の天面には、出力10ワットのQi(チー)規格対応のワイヤレス充電器が内蔵されており、iPhoneなど対応機器を置くだけで充電可能です。充電中はLEDが点灯します。
     
    iPhone12 Pro Maxを置くと、安定してワイヤレス充電ができていました。
     
    ベルキン Belkin SOUNDFORM  ELITE Hi-Fi スマートスピーカー レビュー
     
    ワイヤレス充電台は表面がソフトなラバー素材でカバーされており、iPhoneを置くと滑りにくく安定し、柔らかく収まってくれます。この素材は、以前ご紹介したベルキンの入出力ともに高速なUSB PD対応のモバイルバッテリーの表面素材に似ています。
     
    ちなみに、ワイヤレス充電台にiPhoneを横向きにして設置することはできませんでした。
     
    AirPods Proをどこに置くと充電できるか試してみたところ、Devialetのロゴの少し上のあたりに当てると充電中のLEDが点灯しました。ワイヤレス充電用のコイルは、スマートフォンの充電用に1つが内蔵されているようです。
     
    ベルキン Belkin SOUNDFORM  ELITE Hi-Fi スマートスピーカー レビュー
     

    サイズ:存在感はあるが意外と身軽

    「SOUNDFORM  ELITE Hi-Fiスマートスピーカー」の本体サイズは、高さ168.5ミリ、幅と奥行きが162ミリです。
     
    ちなみに、AppleのHomePodは高さ172ミリ、幅142ミリです。
     
    試しに、Amazon Echo Dot(第2世代)と比較すると、けっこうな存在感があります。
     
    ベルキン Belkin SOUNDFORM  ELITE Hi-Fi スマートスピーカー レビュー
     
    設置にはそれなりのスペースが必要ですが、電源以外には有線接続端子もなく、重量1.25キロと比較的軽いので、筆者は作業デスク脇に置いた棚の上をメインに、使う場面に応じて設置場所を変えて楽しんでいました。
     
    電源アダプタは少し大きめで、13インチMacBook Proの付属品である61W電源アダプタとほぼ同等のサイズでした。
     
    ベルキン Belkin SOUNDFORM  ELITE Hi-Fi スマートスピーカー レビュー
     

    セットアップ:アプリの指示に沿って簡単に完了

    同封のシンプルな説明書に従い、「Googleホーム」アプリをインストールし、画面の指示に従って操作すればセットアップが完了します。
     
    ベルキン Belkin SOUNDFORM  ELITE Hi-Fi スマートスピーカー レビュー
     
    筆者の場合、セットアップ中にWi-Fiへの接続でエラーが出ましたが、Wi-Fiルーターを再起動し、「SOUNDFORM  ELITE Hi-Fiスマートスピーカー」の本体底面にあるリセットスイッチを押したところ、すんなりとセットアップが完了しました。
     
    音楽配信サービスは、YouTube Music、Spotify、dヒッツ、AWA、Utapassに対応しており、これらのサービスならスマートスピーカーに話しかけるだけで再生が可能です。
     
    ベルキン Belkin SOUNDFORM  ELITE Hi-Fi スマートスピーカー レビュー
     
    スマートスピーカーとしての頭脳部分がGoogleアシスタントということもあり、本体だけでのApple Music再生には非対応ですが、iPhoneやiPad、MacとBluetooth接続すれば、Apple MusicやApple TV+の音声を再生できるので、あまり意識しなくて良さそうです。

    スマートホーム機器の操作も可能

    Googleアシスタントを使ったスマートホーム機能にも対応しているので、筆者の毎朝の快適な目覚めを助けてくれている、IKEAのスマートブラインドとスマート電球はGoogleアカウントを紐づけるだけで、音声での操作が可能になりました。
     
    ベルキン Belkin SOUNDFORM  ELITE Hi-Fi スマートスピーカー レビュー
     
    電源コンセントを抜いて家の中を持ち歩いても、電源に繋げばボリューム設定やイコライザを含む各種設定が自動で呼び出されるので、使いたい場所に持って行って使うのも良いと感じました。
     
    後編では、サウンドについてご紹介します。

     
     
    製品情報:ベルキン
    (hato)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします
    目次