トップページ > 最新情報 > Pegatron、2021年末からインドでiPhoneの生産を開始か〜初期投資を承認
2020年11月23日 08時05分

読了まで 144

Pegatron、2021年末からインドでiPhoneの生産を開始か〜初期投資を承認

pegatron


 
Appleの委託製造業者である台湾Pegatronの最高経営責任者(CEO)リャオ・シージェン(廖锡政)氏が、2021年末から2022年初頭にかけてインドでiPhoneの生産を開始すべく今後、同地への投資を増やす予定だと、投資家向けに発表しました。

生産工場建設への投資を承認

Bloombergは、WistronやFoxconnに続きPegatronもインドに進出する予定だと2020年7月に報じていました。
 
インドのメディアEconomic Times Telecomによれば、Pegatronの取締役会はインドの工場建設に向けた1億5,000万ドル(約156億円)の初期投資を承認したとのことです。インドに建設されるPegatronの生産工場では、2021年末から2022年初頭のiPhoneの生産開始を予定しているようです。

約4割をインド国内向けに生産か?

Counterpoint Researchのデータによれば、2020年9月までにインド国内で生産されたiPhoneの台数は約120万台で、新型コロナウイルス感染症の影響による45日間の工場閉鎖にもかかわらず、昨年の総生産台数140万台に近づいているとのことです。インドで組み立てられたiPhoneの約42%は同国内向けに販売され、残りは輸出されています。
 
 
Source:Economic Times Telecom via Patently Apple
(FT729)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる