Apple、Intelでダイバーシティを担当したバーバラ・ワイ氏を副社長に

    バーバラ・ワイ

    バーバラ・ワイ
     
    Appleは、Intelでダイバーシティ&インクルージョン(D&I)を25年間担ったバーバラ・ワイ氏を新たなD&I担当副社長として雇い入れた、と米雑誌Fortuneが伝えています。

    25年間で11万人の技能労働者の多様性を改善

    ワイ氏は、2021年の始めにもAppleに加わる見通しで、同氏の正式ポジション名はインクルージョン&ダイバーシティ担当副社長となっています。
     
    「エンジニアとしての教育を受け、テクノロジー業界の人種・性別表象の問題に取り組むグローバルリーダーとして、バーバラは25年間をIntelで過ごし、意味のある永続的なポジティブな変化を作り出してきました」とAppleの広報担当者のクリスティン・ヒューゲート氏はコメントしています。「彼女は素晴らしい才能と深い経験をAppleにもたらしてくれるでしょう」
     
    ワイ氏は、Fortuneの最もパワフルな女性に今年初めて選ばれており、Intelに1995年に加わってからというもの、米国の11万人の技能労働者の人種と性別バランスの是正に努めてきました。ワイ氏のリーダーシップのもと、Intelは目指していた目標に2年早く達することに成功しました。

    前職のスミス氏は6月に退職

    黒人のジョージ・フロイドさんが警察官に殺害された事件をきっかけに、米国から世界へとブラック・ライヴス・マター(直訳:黒人の命は大切だ)運動が拡がる中、Appleは予算1億ドル(約106億6,700万円)の「人種公道正義イニシアティブ(Racial Equity and Justice Initiative)」の設立を今年6月に発表しました。
     
    イニシアティブの設立とほぼ同時に、前インクルージョン&ダイバーシティ担当副社長だったクリスティ・スミス氏の辞職が発表されました。今回、スミス氏の後任としてワイ氏が選出されたと報道されました。
     
     
    Source:Fortune
    Photo:Intel
    (lexi)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします

    この記事を書いた人

    ARラボ出身の猫愛好家。往年のMacユーザーで、iPhone使用歴は10年以上。

    特集

    [PR]オフィシャルサイト

    目次