トップページ > 最新情報 > Apple、予算1億ドルの「人種公道正義イニシアティブ」を設立
2020年6月12日 02時50分

読了まで 26

Apple、予算1億ドルの「人種公道正義イニシアティブ」を設立

ティム・クック


 
Appleは、米国を中心に人種差別撤廃の動きが拡がっていることを受け、黒人の開発者やビジネスパートナーをサポートするための「人種公道正義イニシアティブ(Racial Equity and Justice Initiative)」を設立しました。

イニシアティブはリサ・ジャクソン氏が牽引

Appleティム・クック最高経営責任者(CEO)は、自身のTwitterアカウントで動画を投稿し、予算1億ドル(約106億6,700万円)の人種公道正義イニシアティブの設立を発表しました。
 
イニシアティブは、教育・経済的不平等・刑事司法制度改革を3つの柱とし、Appleで環境·政策·社会イニシアティブ担当バイスプレジデントを務めるリサ・ジャクソン氏が牽引します。
 
クックCEOは、今月末に開催されるAppleの開発者会議WWDC 2020で「黒人の人々のためのアプリ開発プログラムも発表する」と述べており、サプライヤーに占める黒人経営企業パートナーの割合も今後増やしていく意向も明らかにしています。
 
またApple社内でも、黒人などの有色人種やマイノリティを積極的に採用していくとのことです。
 


 
クックCEOは、「人種差別主義についての発言(Speaking up on racism)」と題した公開書簡もApple公式Webサイトに掲載しています。
 
 
Source:9to5Mac
(lexi)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる