Macbookの出荷台数、2020年第3四半期に39%増

    macbook air
     
    AppleのMacノートパソコンの出荷台数は、2020年第3四半期(7月〜9月)に39%増加したことが調査会社Strategy Analyticsの新しいデータから明らかになりました。

    トップ5のメーカーは全体で34%の成長を記録

    Appleは2020年第3四半期(同社第4四半期)、世界で4番目に大きいノートパソコンメーカーとなりました。2020年7月〜9月のMacBookの出荷台数は600万台に達しました。
     
    ノートパソコン市場全体の2020年第3四半期における成長率は34%で、、Appleの39%成長という数字はノートパソコン業界のトレンドとも合致しています。
     
    ノートパソコン市場

    Appleの市場シェアは若干増

    ノートパソコンメーカーの中で最も大きな出荷台数の増加を記録したのはHPで、前年同期比で43%増となり、Lenovoをナンバーワンブランドから引きずり下ろしました。なお、HP以下はLenovo、Dell、Apple、Acerがトップ5に入っています。
     
    Appleのノートパソコン市場でのシェアは9.7%となり、前年同期比の9.3%から上昇がみられました。HPとLenovoのシェアはともに23.6%でトップとなっており、Dellは13.7%のシェアでAppleを上回りました。2020年第3四半期の出荷台数は、HPは1,470万台、Lenovoは1,460万台、Dellは850万台、Acerは490万台となりました。
     
    ノートパソコン市場
     
    「2020年第3四半期、強い需要に対応し、より多くのデバイスが出荷できていれば、より生産性が上がったベンダーもあっただろう。需要高は続くと予測されるため、供給面が鍵となるだろう。消費者は自宅からの労働、教育という新たな“日常”の準備のため、休暇シーズンが始まる前にデバイスを購入し始めた」とStrategy Analyticsのシニア・リサーチ・アナリストのチラグ・ウパデュライ氏はコメントしています。
     
     
    Source:AppleInsider
    Photo:Apple
    (lexi)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします

    この記事を書いた人

    ARラボ出身の猫愛好家。往年のMacユーザーで、iPhone使用歴は10年以上。

    特集

    [PR]オフィシャルサイト

    目次