トップページ > iPhone > iPhone12シリーズが120Hzディスプレイを搭載しなかった理由とは
2020年11月14日 01時52分

読了まで 225

iPhone12シリーズが120Hzディスプレイを搭載しなかった理由とは

iPhone13 コンセプト


 
iPhone12シリーズのうち、少なくともProモデル2機種については、リフレッシュレート120Hzのディスプレイが搭載されるとの噂が流れたものの、実現しませんでした。
 
ディスプレイ業界の内情に詳しいDSCCのロス・ヤング氏が、Twitterでその理由を述べています。

SDCとLGDは2021年にLTPO生産能力を拡大

リーク情報で知られるマックス・ワインバック氏による「AppleがiPhoneに120Hz(ディスプレイ)を搭載せず、Samsungの新しいディスプレイ技術を待っているのには、おそらく理由があるのだろう」との投稿に答える形で、ヤング氏は次のように解説しています。
 
「大きな理由がある。SamsungにおけるApple向け製造ラインは現在もまだ多結晶低音ポリシリコン(LTPS)だ。2021年にはこれらが低音多結晶酸化物(LTPO)に変わる。Appleは(LTPOディスプレイを)出荷する前に、十分時間をかけて評価したいのだと思う」
 

 
またヤング氏は「Apple向けにパネルを供給するLG Display(LGD)もSamsung Display(SDC)も、2021年にはLTPOの生産能力を拡大する」ともツイートしています。
 

iPhone13は120Hzディスプレイを搭載か

ヤング氏は以前から、リフレッシュレート120Hzを実現するにはLTPSでは難しく、素材にLTPOを用いる必要があると主張しており、SamsungがiPhone向けディスプレイ生産ラインをLTPSからLTPOへと転換するのは2021年だと述べています。
 
2021年のiPhone13シリーズ(仮称)は、120Hzディスプレイを搭載する可能性が高そうです。

 
 
Source:Twitter/Ross Young
Photo:Appledsign
(lunatic)

カテゴリ : iPhone, 最新情報  タグ : , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる