トップページ > 最新情報 > Foxconnリウ会長「iPhone12は好調。勢いは2021年も続く」
2020年11月12日 23時58分

読了まで 156

Foxconnリウ会長「iPhone12は好調。勢いは2021年も続く」

Apple iPhone12 mini


 
iPhoneの組み立てを担当するApple最大のサプライヤーのFoxconnは、現地時間11月12日に業績発表会を開催し、iPhone12シリーズの受注が好調で、勢いが2021年まで続く見込みだと明かしました。

iPhone12の好調が収益押し上げる

Foxconnとして知られる鴻海科技集団が発表した2020年7月〜9月期の収益は308億台湾ドル(約1,135億円)で、前年同期の307億台湾ドル(約1,132億円)から横ばいでしたが、多くのアナリストの見込みを上回りました。
 
同社最高財務責任者(CFO)のデイビッド・ファン氏は、顧客が製品の発売を遅らせたため、同四半期の収益が7%減少したと語っています。これは、例年9月に発売されるiPhoneが、10月から11月に遅れたことを指しているとみられます。
 
リウ・ヤンウェイ会長は、スマートフォン事業とサーバー事業が期待以上に好調だったと語り、特にiPhone12が好調なことで、収益が押し上げられていると述べています。

今後、数カ月は好調続くiPhone12

iPhone12の好調が今後数カ月にわたって続くとの見方は、リウ会長とアナリストたちで一致しており、10月〜12月期は売上高が10%増加すると見込まれています。その勢いは、2021年に入っても続くと予想されています。
 
iPhone12シリーズ4モデルのうち、FoxconnはiPhone12 Pro、iPhone12 Pro Maxの全量とその他モデルの70%の組み立てを担当しているとFubon Researchは推定しています。
 
なお、リウ会長は8月に「脱・中国」の方針を語り「中国は世界の工場としての役割を終えた」と発言して注目を集めました。
 
 
Source:Reuters
Photo:Apple iPhone12 mini
(hato)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる