トップページ > 最新情報 > Googleフォトの無料ストレージプランが2021年6月1日で終了
2020年11月12日 06時54分

読了まで 211

Googleフォトの無料ストレージプランが2021年6月1日で終了

Googleフォト

Googleが5年に渡って提供してきた、無料で容量無制限のクラウドストレージプラン「Googleフォト」が、2021年6月1日で終了することがわかりました。

来年6月1日以降は15GB以上は有料に

現在Googleフォトには、3つのバックアップオプションがあります。
 

  1. 高画質で保存(無料、容量無制限)
  2. エクスプレス画質で保存(無料、一部の地域でのみ利用可能)
  3. 元の画質で保存(無料、最大15ギガバイト(GB)をフォト/Gmail/ドライブで共有、Google Oneで容量を追加可能)

 
2021年6月1日以降は、高画質とエクスプレス画質のコンテンツもGoogleアカウントの保存容量を使うことになります。したがって保存容量の上限(15GB)に達した場合は、Google One(利用可能な場合)で追加の保存容量を購入するか、コンテンツを削除する必要が生じます。
 
つまり今までと同じように、写真や動画を無料・無制限で写真を保存することはできなくなる、ということです。
 
ただし2021年6月1日より前にバックアップされた高画質およびエクスプレス画質の写真と動画は、Googleアカウントの保存容量を使用しないとのことです。

Google Oneは100GB月250円から

Googleの方針変更は大きな話題となっており、Twitterではトレンド入りしています。
 
これまでGoogleフォトを使用してきたユーザーからは、「即時対応が必要なのか」との不安の声が上っていますが、Googleはこれに対し、「ほとんどのユーザーは保存容量の上限に達するまで数年かかる」「対応が必要なお客様にはGoogleから連絡する」「写真、動画、ファイルなどのコンテンツをGoogleアカウントにバックアップする頻度に基づいて、保存容量を使い切るまでの予測日数確認ができるようにする」と回答しています。
 
なお日本でGoogle Oneを利用する場合、100GBは月250円、200GBは月380円、2TBは月1,300円、10TBは月13,000円、20TBは月26,000円、30TBは月39,000円(価格はいずれもユーザー1人あたり。最大5名のユーザーでストレージ容量を共有可能)となっています。
 
 
Source:Google via The Verge
(lunatic)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる