コロナ禍でも好調〜ポケモンGO、売上10億ドルを達成 - iPhone Mania
トップページ > 最新情報 > コロナ禍でも好調〜ポケモンGO、売上10億ドルを達成
2020年11月5日 07時28分

読了まで 215

コロナ禍でも好調〜ポケモンGO、売上10億ドルを達成

pokemon-go-1-billion-2020


 
ポケモンGO」といえば、基本的には自宅ではなく、外を歩き回って楽しむゲームアプリです。しかし新型コロナウイルス(COVID-19)の影響で、多くの人々の自宅で過ごす時間が増えているにも関わらず、同ゲームが順調に売上を伸ばしていることが、調査会社Sensor Towerの調べで明らかになりました。

2018年から回復、年々売上を伸ばす

ポケモンGOは2016年7月にリリースされ、その年は8億3,200万ドル以上(約33億円)の売上を計上、大ヒット作品となりました。
 
2017年には対前年比で29%売上が落ち込んだものの、その後プラスに転じて年々売上を伸ばし、今年は10月時点ですでに10億ドル(約1,000億円)を達成、過去最高を記録しています。
 
今年の1月〜10月にポケモンGOのユーザーは、2019年1月〜12月よりもすでに11%も多く課金しており、2019年の1月〜10月と比べると30%も多くお金を使っていることになります。
 
pokemon-go-worldwide-player-spending-by-year-2016-to-2020

ステイホーム機能が奏功か

今年はCOVID-19の影響で、モバイルゲーム全体のダウンロード数と売上が大きく伸びたとはいえ、ポケモンGOの成功は驚異的だとSensor Towerは述べています。その一因は、同ゲームの開発運営を担うNianticが、本来ならばポケモンGOの核ともいえる「外を歩く」ことをしなくても、家の中で楽しめる機能を追加したことだろう、と同社は分析しています。
 
また同時に一部のプレイヤーたちは、ソーシャルディスタンスを保ちつつ、屋外でゲームを楽しみ、健康維持に努めているようです。

累積売上高は42億ドル

ポケモンGOの今日までの累積売上高は約42億ドル(約4,390億円)にのぼります。国別では1位が米国で15億ドル(全体の36.3%)、2位が日本で13億ドル(31.3%)、3位がドイツで2億3,860万ドル(5.7%)と続いています。
 
なおGoogle Playでの売上は全体の53.4%で約22億ドル、App Storeでの売上は同46.6%で約19億ドルです。
 
ユニークインストール数では世界全体で約6億回となります。1位は売上と同じく米国で1億900万回(18.2%)ですが、2位はブラジルで6,520万回(11%)、3位はメキシコで3,730万回(6.2%)と、売上とは異なる顔ぶれとなっています。

 
 
Source:Sensor Tower via PhoneArena
(lunatic)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる