トップページ > iOS > iOS14.2RCのバッテリー持続時間をテスト、iOS14.1から改善
2020年11月4日 19時51分

読了まで 220

iOS14.2RCのバッテリー持続時間をテスト、iOS14.1から改善

iOS14.2 RC バッテリーテスト


 
iOS14.2のRelease Candidate(RC)版をインストールしたiPhoneで、バッテリー持続時間を計測したテスト動画が公開されました。直前の正式版であるiOS14.1よりもバッテリー持続時間が改善しています。

iOS14.2RCを入れた7モデルのiPhoneでテスト

開発者と登録ユーザー向けにリリースされたiOS14.2のRC版で、バッテリーの持続時間をテストした動画を、iOS14.2RCの動作速度テストに続き、YouTubeチャンネルiAppleBytesが公開しました。
 
テストは、iOS14.2のRCをインストールしてから内部データの最適化が落ち着いたと考えられる4日後に、ディスプレイの明るさを25%に統一したiPhoneで実施しています。
 
iOS14.2 RC バッテリーテスト
 
ベンチマークテストアプリ「Geekbench 4」を用い、フル充電からバッテリー残量が0になるまで負荷をかけてバッテリー消費を測定しています。
 
iPhone各モデルのバッテリー状態は、iPhone SE(第1世代)が98%、iPhone XRが97%である以外、各モデルとも100%です。
 
iOS14.2 RC バッテリーテスト
 

各モデルでiOS14.1から持続時間が伸びる

バッテリー残量が0になるまでの時間は、以下のとおりでした。
 
iOS14.1と比較したカッコ内の数字で確認できるとおり、iPhone11以外の全モデルで持続時間が伸びています
 

  • iPhone SE(第1世代):2時間56分(プラス4分)
  • iPhone6s:3時間03分(プラス8分)
  • iPhone7:3時間39分(プラス12分)
  • iPhone8:3時間23分(変化なし)
  • iPhone XR:5時間37分(プラス8分)
  • iPhone11:5時間16分(マイナス2分)
  • iPhone SE(第2世代):3時間43分(プラス6分)

 
iOS14.2 RC バッテリーテスト
 
バッテリーベンチマークのスコアをまとめたグラフがこちらです。各モデルごとにiOSバージョンの縦棒がまとまっており、棒が長いほうがスコアが高いことを示します。
 
iOS14.2 RC バッテリーテスト
 
iAppleBytesは、iOS14.2RCでのバッテリーテスト結果について、全体的に改善されていると評価したうえで、iOS14.2でバッテリーの持ちに問題がある場合、アップデート以外の原因を疑ったほうが良いかもしれない、と述べています。
 
バッテリーテストの動画はこちらでご覧ください。
 

 
 
Source:iAppleBytes/YouTube
(hato)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる