トップページ > 最新情報 > iPhoneを機種変更した方は注意!COCOAアプリに不具合、厚労省が対処法案内
2020年10月30日 23時49分

読了まで 219

iPhoneを機種変更した方は注意!COCOAアプリに不具合、厚労省が対処法案内

新型コロナウイルス接触確認アプリ COCOA 厚生労働省


 
iPhoneのバックアップデータを、iOS14.0またはiOS14.1を搭載した端末で復元すると、新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA)の機能が無効になる不具合が発見された、と厚生労働省が発表し、対処方法を案内しています。iPhone12シリーズに機種変更した方などに影響するため、注意が必要です。

9月17日以降にiPhoneの機種変更、バックアップからの復元をした方は注意!

iPhoneを機種変更する際は、使っていたiPhoneのデータをバックアップし、新しいiPhoneで復元することで、スムーズに機種変更が可能です。
 
厚生労働省は、9月17日以降にiPhoneの機種変更やバックアップデータから、iOS14.0またはiOS14.1がインストールされた端末に復元した場合、新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA)機能が無効になってしまうとの報告がAppleからあった、と発表しています。
 
iPhone12シリーズに機種変更した方や、iOS14リリース後に端末を買い替えた方の多くが該当することになります。

対処方法は3つ

厚生労働省は、以下の3つの対処方法のいずれかの方法により、機能を有効にするよう呼びかけています。

 

方法1:接触通知をオフにして再有効化

  1. 「設定」アプリから「接触通知」を開く
  2.  
    接触確認アプリ COCOA 機能有効化
     

  3. 「接触通知をオフにする」をタップ
  4.  
    接触確認アプリ COCOA 機能有効化
     

  5. 「オフにしてデータを削除」をタップ
  6.  
    接触確認アプリ COCOA 機能有効化
     

  7. 接触確認アプリを開くと「COVID-19接触のログ記録と通知を有効にする」が表示されるので、「有効にする」を選択
  8.  
    接触確認アプリ COCOA 機能有効化

 

方法2:アプリを削除し、再インストール

  1. 接触確認アプリのアイコンを長押しして「Appを削除」を選択し、アプリを削除
  2.  
    接触確認アプリ COCOA 機能有効化
     

  3. App Storeから再度、接触確認アプリをインストール
  4.  

     

  5. 接触確認アプリを開くと「COVID-19接触のログ記録と通知を有効にする」が表示されるので、「有効にする」を選択
  6.  
    接触確認アプリ COCOA 機能有効化

 

方法3:「使用する国/地域が設定されていません」と表示される場合

  1. 「設定」アプリから「接触通知」を開く
  2.  
    接触確認アプリ COCOA 機能有効化
     

  3. 「使用する国/地域が設定されていません」と表示される場合は、「使用可能な国/地域」をタップし「厚生労働省 日本」を選択
  4. 「使用する国/地域として設定」をタップ

 
 
Source:厚生労働省
(hato)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる