Appleが7月〜9月業績発表、iPhone発売延期も四半期最高記録を更新

    Apple 新宿 ロゴ

    Apple 新宿 ロゴ
     
    Appleは現地時間10月29日、同社2020年度第4四半期(2020年7月〜9月)の業績発表を行いました。新型iPhoneの発売延期によるマイナスを、Mac、iPad、サービス部門が補い、同四半期の売上高として過去最高記録を更新しました。

    7月〜9月期の売上高最高記録を更新

    Appleが発表した2020年7月〜9月期の業績は、売上高646億9,800万ドルで、前年同期の640億4,000万ドルを上回り、7月〜9月期の最高記録を更新しました。
     
    地域別の売上高では、中華圏では落ち込んだものの、アメリカ、ヨーロッパ、日本、アジア太平洋の各地域で増加しています。
     
    Apple 2020年度第4四半期決算 地域別
     

    iPhoneの落ち込みを他製品とサービスがカバー

    部門別で見ると、例年は9月に発売される新型iPhoneが、前回の業績発表で予告されたとおり10月にずれ込んだため、iPhoneは264億4,400万ドルと、前年同期の333億6,200万ドルから大きく落ち込んでいます。
     
    この落ち込みをカバーしたのが、Mac、iPad、ウェアラブル・ホーム・アクセサリーの製品各部門、そしてApple MusicやiCloudなどのサービス部門です。
     
    Apple 2020年度第4四半期決算 製品別
     
    この背景には、新型コロナウイルス感染拡大による在宅勤務、自宅学習の増加により、MacやiPadシリーズの販売が増加したためとみられます。
     
     
    Source:Apple
    (hato)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします

    この記事を書いた人

    2013年からライター&編集担当として活動。2007年、駐在中のシリコンバレーで発売直後の初代iPhoneに触れて惚れ込む。iPhone歴は3GS→5s→6 Plus→7 Plus→XS Max→12 Pro Max→14 Pro。

    特集

    [PR]オフィシャルサイト

    目次