トップページ > 最新情報 > 「日本経済新聞 電子版」アプリがiOS14のウィジェットに対応 好きなテーマを表示可能
2020年10月26日 14時45分

読了まで 213

「日本経済新聞 電子版」アプリがiOS14のウィジェットに対応 好きなテーマを表示可能

日本経済新聞 電子版 アプリ


 
日本経済新聞が提供する、「日本経済新聞 電子版」アプリ(以下、電子版アプリ)がアップデートにより、iOS14ウィジェット機能に対応しました。

電子版アプリがウィジェットに対応!

日本経済新聞 電子版 ウィジェット
 
日本経済新聞電子版アプリでは、日本経済新聞の朝刊・夕刊を読むことができる(別途、紙面ビューアーも提供)ほか、会員は有料記事を読むことができますが、この電子版アプリがアップデートによりiOS14の新機能であるウィジェット機能に対応しました。
 
記事執筆時点では、アプリアイコン4個分の「小ウィジェット」、8個分の「中ウィジェット」、16個分の「大ウィジェット」から選択することが可能です。
 

iOS14のウィジェットとは?

iOSではこれまで、ホーム画面1ページ目の左隣のページにしかウィジェットを設置することができませんでした。しかし、iOS14の登場により、新たにホーム画面の中にウィジェットを設置することができるようになりました。
 
iOS14の登場以降、Apple純正アプリ以外にもさまざまなアプリがこの新ウィジェット機能に合わせたアップデートを行っています。
 
ウィジェットでは、アプリの機能の一部をアプリを開かずに利用することができます。例えば、カレンダーアプリであればアプリを開くことなく予定を確認したり、PayPayアプリではPayPay残高の確認をしたりすることが可能です。

気になるテーマを表示可能

日本経済新聞 電子版 ウィジェット
 
アプリによっては、ウィジェットで表示する内容を選ぶことができます。日本経済新聞電子版アプリでは、ウィジェットを長押しすると「ウィジェットを編集」という選択項目が表示されます。その後、これをタップすると表示される「メニュー」より、表示される記事のテーマを選択することが可能です。
 
記事執筆時点で選択可能なテーマは以下のとおりです。
 

  • トップ
  • 米大統領選
  • 新型コロナ
  • 速報
  • マネーのまなび
  • 経済・金融
  • 政治
  • ビジネス
  • マーケット
  • テクノロジー
  • 国際
  • オピニオン
  • スポーツ
  • 社会・くらし
  • 地域
  • 文化
  • ライフ
  • ビジュアルデータ
  • 映像

 
以上のさまざまなテーマから自分に合ったテーマを、ウィジェット表示によりアプリを開くことなく、いつでも確認することが可能です。
 
 
Source:日本経済新聞 電子版/AppStore
(藤田尚眞)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる