トップページ > 最新情報 > MagSafe充電器はiPhone12以前の旧モデルでは正しく動作しない?
2020年10月23日 23時19分

読了まで 153

MagSafe充電器はiPhone12以前の旧モデルでは正しく動作しない?

iphone11 pro magsafe


 
iPhone12で導入されたMagSafeは、完璧な位置に磁力でピタッとつくようになっています。Appleは、MagSafe充電器はiPhone8以降およびAirPodsの充電ケース付きモデルに対応としていますが、iPhone11 ProなどiPhone12以前のモデルでは充電速度が極端に遅いという実験結果が報告されています。

iPhone11 Proでは0.96Wのワイヤレス充電を記録

YouTubeチャンネルMax Techが実施した実験の結果、MagSafe充電器をiPhone11 Proで使用したとき、充電レートが0.96Wまで下がることがわかりました。iPhone12シリーズでは最大15Wまでのワイヤレス充電が可能とされていますが、iPhone11 Proでも7.5Wの充電が行えるはずです。
 
同チャンネルがiPhone SE(第2世代)で実験を行うと、廉価なワイヤレス充電器では8.4Wの充電が可能だったのに対し、MagSafe充電器では1.83Wという残念な結果が出ました。

テスト結果は2つの理由で疑うべき

米メディア9to5Macは、Max Techのテストでは消費電力の測定にアプリが使用されており、バッテリーがゼロの状態からフル充電までの時間を計ったわけではないため、アプリの測定機能に何らかの問題があった可能性を指摘しています。
 
また、iPhone12ではMagSafe充電器使用時に磁力で完璧な位置に合わせられるため、iPhone12以前のモデルではポジションがずれていた可能性も考えられる、とも述べています。
 
Max Techの実験のフル動画は、以下で視聴可能です。
 

 
 
Source:9to5Mac
(lexi)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる