トップページ > iPhone12 > iPhone12、超高速のミリ波が利用可能だと「5G」表示が変化
2020年10月15日 18時40分

読了まで 221

iPhone12、超高速のミリ波が利用可能だと「5G」表示が変化

Verizon iPhone12 5G


 
iPhone12シリーズでは、5Gの中でもより高速なミリ波(mmWave)に接続中は「5G」の表示が切り替わることを、米大手キャリアVerizonのCMで確認することができます。

5Gには2種類の周波数帯を使用

iPhone12シリーズは5Gに対応しており、現在の主流である4Gよりも高速大容量で低遅延の通信が可能となります。
 
Apple iPhone12 Pro 5G
 
5Gには、ミリ波とサブ6GHzの2種類の周波数帯が使用されます。
 
ミリ波は、理想的環境では最大4.0Gbpsという超高速通信が可能ですが、使用される周波数帯の特性上、カバーできるエリアが狭いという弱点があります。
 
Apple Verizon 5G
 
一方のサブ6GHzは、ミリ波よりも比較的電波が届きやすく広いエリアをカバーできるメリットがありますが、ミリ波ほどの超高速通信はできません。

サブ6GHzのみ利用可能なら単に「5G」と表示

米大手携帯キャリアVerizonが人気コメディアンのクリス・ロックを起用したCMで、同社が提供するミリ波サービス「5G Ultra Wideband」の高速通信がアピールされています。
 
iPhone12 Proの画面が大きく映るシーンでは、画面右上の電波状態表示アイコンが「5G UW」と表示されているのが確認できます。
 
Verizon iPhone12 5G
 
なお、「5G Ultra Wideband」を使った超高速通信が可能なエリアは限定されており、サブ6GHzしか使えない状態では単に「5G」と表示されます
 
VerizonのCMは、こちらでご覧ください。
 

 

iPhone12発表イベントでも表示されていた

Appleが現地時間10月13日に開催したイベントには、Verizonのハンス・ヴェストベリ最高経営責任者(CEO)が登壇し、「5G Ultra Wideband」をスタジアムや空港、全米各地の大都市から順次提供する、と発表しました。
 
Apple Verizon 5G
 
イベントで紹介されたフットボールの試合映像も、拡大して見ると「5GUW」と表示されていることがわかります。
 
Apple iPhone12 Verizon 5G
 

ミリ波対応のiPhone12は米国モデルのみ

なお、iPhone12シリーズでミリ波が利用できるのは、アメリカで販売されるモデルのみです。
 
アメリカで販売されるモデルには、本体側面のスリープ/スリープ解除ボタン下に、長円形の凹みのようなものがあり、これはミリ波対応のアンテナ部品とみられます
 
iPhone12 シリーズ 日米 違い
 
Source:Verizon/YouTube, The Verge
Photo:Apple
(hato)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる