2024年2月15日 サイトリニューアルを行いました。引き続きどうぞよろしくお願い申し上げます。

    Apple、Beatsヘッドホンのランディングページを削除〜新製品の発表間近?

    beats ランディングページ

    beats ランディングページ
     
    Appleのサブブランド「Beats by Dre」のランディングページがApple公式Webサイトから取り除かれたことが明らかになりました。廉価版HomePod、AirPods Studioの発売が間近に迫っているからではないか、と推測されています。

    ページは10月2日〜9日の間に削除

    Appleの新製品発表イベントが間近に迫っていますが、Beats by Dre」のランディングページがまるごとなくなっているのがわかりました。デジタルアーカイブWayback Machineには、10月2日付けではまだページが存在していた記録が残っていますが、10月9日時点ですでに同ページは消失していたことが確認されています。これは、Beatsのページが10月2日〜9日の間のいつかのタイミングで除去されたことを意味します。
     
    Appleは、Beatsのワイヤレスヘッドホン・イヤホン・スピーカーのファームウェアアップデートのためのアップデーター機能を公式サイトから取り払うなど、Beats関連ページの縮小を徐々に実施してきましたが、今回ランディングページの削除が報じられました。

    AirPods Studioが登場間近か

    Appleは、公式オンラインストアでSonos、Bose、Logitechなどのサードパーティー製ヘッドホンの販売を先週取りやめており、AirPods Studio発売の前兆との見方が濃厚とされていました。
     
    なおAppleは、オンラインストア上でBeatsブランドのヘッドホン・スピーカー製品の販売は継続して行っています。
     
     
    Source:Apple Terminal via MacRumors
    Photo:Apple/Wayback Machine
    (lexi)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします
    目次