2020年10月9日 05時07分

読了まで 22

iPhone12の発表は「ここ数年で最も重要なiPhoneイベントになる」と証券会社

iPhone12 event


 
が「」シリーズの発表を行うと期待される来週のイベントを前に、証券会社Morgan Stanleyのアナリストが、「ここ数年で最も重要なイベントになるだろう」と述べています。

10月〜12月期のiPhone出荷台数は約7,800万台と予想

米メディアAppleInsiderが入手したMorgan Stanleyの調査メモにおいて、アナリストのケイティ・ヒューバティ氏は10月13日のイベントについて、iPhoneの買い替えサイクルが4年以上に延びている現在、「重要なタイミング」だとも指摘しています。
 
Morgan Stanleyのアジア・ハードウェア技術チームは2020年10月〜12月期におけるiPhoneの総生産台数を8,200万台、出荷台数は約7,800万台と予想しています。この数字は同社の以前の予想である7,600万台から上昇しています。

来年のiPhone出荷台数は対前年比22%増?

ヒューバティ氏は2021年のiPhone出荷台数については、対前年比22%増の2億2,000万台と見積もっています。
 
ただし、Appleがスマートフォン買い替え需要をうまく掴んだ場合、2021年のiPhone出荷台数は2億4,000万台に達する可能性もあるとのことです。

予想平均販売価格は772ドル

Morgan StanleyはiPhoneの平均販売価格(ASP)について、ウォール街の予想平均値である763ドルは「安い」とし、独自の数字を挙げています。
 
ヒューバティ氏は、5.4インチの価格は649ドル〜、最も高額な6.7インチの(容量512GB)は1,399ドルと予想(これはジョン・プロッサー氏の予想と一致)、2021年のiPhoneの平均販売価格は772ドルと見積もっています。

 
 
Source:AppleInsider
Photo:Apple Hub(@theapplehub)/Twitter
(lunatic)

著者情報

iPhone Mania編集部

iPhone Mania編集部です。iPhone、MacなどApple製品が大好きな国内外のライターが集まり、2013年から記事を執筆しています。Apple製品の最新情報から使い方、お役立ち情報まで、幅広くお伝えしていきます!

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる