Apple、コロナ禍で最も親しみを感じるブランドに

    apple ロゴ

    apple ロゴ
     
    米企業が公表した「親しみを感じるブランド」ランキングで、Apple1位に輝いたことがわかりました。今回のアンケート調査では、例年のチェック項目に加えて、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)と関連づけたブランドへの親しみに焦点が当てられました。

    COVID-19とブランドへの親近感との関わりに焦点

    米マーケティングサービス企業MBLMが公表した「親しみを感じるブランド」ランキングは、消費者のブランドへの心理的なつながり度合いを格付けしたものです。
     
    今回のMBLMのアンケート調査はコロナ禍での実施となったため、COVID-19とブランドへの親近感との関わりを調べる調査項目が設けられました。追加で質問されたのは以下の項目です。
     

    • コロナ禍でブランドへの感情的なつながりが増加したか、減少したか、それとも変わらなかったか
    • ブランドのパンデミックへの対応をどのように感じたか
    • コロナ禍でブランドの使用率が増加したか、減少したか、それとも変わらなかったか
    • パンデミック禍でもブランドに対してより多くのお金を費やしたいと思うかどうか

     
    Appleを含める、MBLMの「親しみを感じるブランド」ランキングは、次のとおりとなっています。
     

    1. Apple
    2. Amazon
    3. Google
    4. Walmart
    5. YouTube
    6. トヨタ
    7. Disney
    8. Netflix
    9. Chevrolet
    10. PlayStation

     
     
    Source:MBLM via AppleInsider
    (lexi)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします

    この記事を書いた人

    ARラボ出身の猫愛好家。往年のMacユーザーで、iPhone使用歴は10年以上。

    特集

    [PR]オフィシャルサイト

    目次