iPhone5cが10月31日にビンテージ製品リスト入り

    iphone5c

    iphone5c
     
    2013年9月にリリースされた、カラフルなケースが特徴のiPhone5cが、10月31日にビンテージ製品リスト入りするようです。ビンテージ製品とは販売中止から5年以上7年未満の製品を指しています。

    5色のカラー展開が特徴のiPhone5c

    それまでのiPhoneよりもお手頃な価格と、5色のカラー展開を特徴としたiPhone5cは、売れ行きが期待ほど伸びないまま、2014年9月のiPhone6/6 Plusの発売とともに、日本では販売が終了しています。
     
    米メディアMacRumorsが入手した社内文書によると、iPhone5cは全世界において、10月31日にビンテージ製品リスト入りする模様です。なお15インチMacBook Pro(2014)も同じ日に同リスト入りするとのことです。
     
    最近ではiPod nano(第7世代)が、ビンテージ製品リスト入りしています。

    販売中止から5年以上7年未満がビンテージ製品

    Appleはビンテージ製品について「販売中止から5年以上7年未満の製品」と定めており、「Mac、iPhone、iPad、iPod、Apple TV のビンテージ製品については、Apple Store 直営店を含むAppleのサービスプロバイダからハードウェアの修理サービスを引き続き受けることができますが、在庫状況や、法律の定めるところによる」としています。
     
    一方オブソリート製品とは「販売中止から7年以上が経過した製品」を指し、Appleではハードウェアサービスを受けることができず、サービスプロバイダでもオブソリート製品の部品を発注することはできません。
     
     
    Source:MacRumors,Apple
    (lunatic)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします

    この記事を書いた人

    元某業界新聞社の記者。その後フリーライターとして各方面で執筆、英日翻訳家としての著書も多数。2014年から本メディアでライター、編集記者として活動中。アメリカ在住(現在は日本に滞在中)。iPhone使用歴は12年以上。

    特集

    [PR]オフィシャルサイト

    目次