トップページ > 最新情報 > 世界最安?の5G対応折りたたみスマホRoyole「FlexPai 2」が中国で発売
2020年10月6日 02時28分

読了まで 240

世界最安?の5G対応折りたたみスマホRoyole「FlexPai 2」が中国で発売

Royole「FlexPai 2」


 
中国Royoleが日本円に換算して16万円を切る、世界最安の5G対応折りたたみスマートフォン「FlexPai 2」を中国において発売しました。

世界で初めて折りたたみスマホを発表したRoyole

Royoleといえば、Samsungなどの大手スマホメーカーに先駆け、2018年に世界で初めて折りたたみスマホを開発、発表したメーカーです。
 
しかしその後、SamsungやHuawei、Motorolaといった後発に押され、同社の折りたたみスマホへの関心は瞬く間に薄れていきました。

クアッドカメラ搭載の「FlexPai 2」

そのRoyoleが、現地時間9月25日に開催したオンラインイベントで発表したのが「FlexPai 2」です。新モデルはSoCを始め性能が大幅に向上しただけでなく、5Gにも対応しています。
 
Qualcomm Snapdragon 865、7.8インチディスプレイ(1,920×1,440)、クアッドカメラ、ステレオスピーカーを搭載。折りたたんだ状態では5.5インチのメインスクリーン(1,440×900)と、5.4インチのサブスクリーン(1,440×810)が使えます。
 
カメラは64メガピクセルのメインカメラ、16メガピクセルの超広角カメラ、8メガピクセルの望遠カメラ、32メガピクセルの広角カメラの4眼構成です。
 
また広げた時に左側に並ぶ4眼カメラの下には小さなタッチパッドがあり、ダブルタップでスクリーンの起動、画面表示の切り替えなどが行なえます。
 
バッテリーは4,450mAh、開いたときの厚さは6.3ミリ、閉じた時は12.3ミリ、重量は339グラムとなっています。

180万回以上の折り曲げに耐えうる強度

初代FlexPaiでは、ディスプレイが折り曲げに耐えうる回数を「20万回以上」としていましたが、FlexPai 2では「180万回以上」までに強度が向上したと、Royoleは説明しています。
 
そしてFlexPai 2のもうひとつの注目点がその価格です。Royoleは発表と同時に同社Webサイトおよび通販サイトJD.comでFlexPai 2を発売しましたが、その価格は8GB RAM、256GBストレージのモデルで9,988元(約1,470ドル、約155,000円)と、競合他社のモデルよりもかなり安くなっています。たとえばHuaweiの5G対応折りたたみスマホMate Xsの価格は16,999元(約265,000円)、SamsungのGalaxy Z Fold2は1,999ドル(約211,000円)です。
 
TwitterユーザーのDigital Chat Station氏(@StationChat)が、FlexPai 2の実機を手に持った画像を投稿しています。
 


 
 
Source:Royole via Engadget
(lunatic)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる