トップページ > Apple TV > YouTubeが一部Apple TV 4Kユーザーに対し4K動画のサポート開始
2020年10月4日 22時52分

読了まで 217

YouTubeが一部Apple TV 4Kユーザーに対し4K動画のサポート開始

apple tv youtube 4k


 
tvOS14.2ベータ4の登場で、YouTubeが一部のApple TV 4Kユーザーに対し、4K動画のサポートを開始したことが分かりました。

macOS Big Sur同様、tvOS14でも対応

先日デベロッパー向けにリリースされたmacOS Big Surベータ4では、Safari14でYouTubeの4K動画再生に対応したことが明らかになりました。それまではYouTubeが1080p(HD)を超える画質の動画で用いるVP9コーデック(動画の圧縮規格)に、Appleが対応していなかったため、macOSではYouTubeで4K動画再生を行うことができませんでした。
 
apple tv youtube 4k
 
macOSと同様にtvOSでもVP9に対応したことを受け、Apple TV 4KでもYouTube側が一部のユーザーを対象として、24/30fpsの動画を4K画質で提供するようになったようです。ただし、現状では60fpsの動画は1440pでの再生に留まっているほか、HDR(ハイダイナミックレンジ:スタンダードよりも明るさの表現幅が広い)でアップロードされた動画は、SDR(スタンダードダイナミックレンジ)で再生される模様です。

念願だったYouTubeの4K再生

Apple TVでのYouTubeの4K動画再生は、Apple TV 4Kが登場してから3年経った今になってようやく実現しました。
 
それまでは前述のように、YouTubeの使うVP9コーデックにApple側がハードウェア上で対応しておらず、YouTube側もソフトウェアによるデコード(エンコードされたデータを復元する)をアプリでサポートしていないため、Apple TVが4Kに対応しているのに、YouTubeが4Kで再生できないという悲劇が起きていました。
 
現時点では一部のユーザーに開放されているのみですが、tvOS14.2が正式にパブリック版でリリースされる頃には、全てのApple TVユーザーがYouTubeで4K動画を享受できるようになっていると思われます。
 
なお、macOS Big SurではT2チップ搭載のMacであれば、SafariでNetflixの4K動画を楽しめるようになります。こちらはNetflixが用いるHEVCコーデックを、macOSがハードウェア上の問題で1080pまでしか対応していなかったことによるものです。異なる企業のサービス同士の連関はスムーズに行われているようで、実はコーデック一つとっても様々な規格が混在しているのです。
 
 
Source:Reddit,GSMArena
(kihachi)

カテゴリ : Apple TV, 最新情報  タグ : , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる