トップページ > iOS > 「iOS14のウィジェットでキー入力内容が読み取られる」というデマに注意
2020年9月30日 00時36分

読了まで 33

「iOS14のウィジェットでキー入力内容が読み取られる」というデマに注意

Apple iOS14 ウィジェット


 
iOS14で導入されたウィジェットについて、「入力した内容を盗み読みされるのではないか」と海外のSNSユーザーの一部で話題になっています。Apple情報メディア9to5Macが「その可能性はない」と完全否定しています。

ウィジェットを使うとキー入力が読み取られる?

iOS14ウィジェットは、iPhoneのホーム画面をカスタマイズできる新機能で、趣向を凝らしたホーム画面をデザインするのにも活用できます。
 
海外のFacebookユーザーが「ウィジェットアプリを使うとキー入力内容を読み取られる」と投稿し、そのスクリーンショットがTwitterやInstagramで拡散され、一部ユーザーの間で話題となっています。
 


 

iOS14の新機能を勘違いするユーザーも

米メディア9to5Macはこの騒ぎについて、ウィジェットがユーザーのデータを読み取るには技術的な制限と保護がかかっているとして「完全に間違いだ」と否定しています
 
SNSでは、iOS14をインストールした後のiPhoneの挙動として、キー入力の遅れ、入力した文字が表示されない、アプリのクラッシュ(強制終了)や全体的な動作の遅さなどを挙げて、「ウィジェットがキー入力を読み取っているせいだ」とこじつけて主張する人々がいます。
 
このほか、iOS12で導入されたSMSで届くセキュリティコードの自動入力機能が怪しいという意見のほか、すでに流出したパスワードの使い回しをユーザーに警告するiOS14の新機能を誤解して、「iOS14でウィジェットを使ったらパスワードが流出した」と主張するユーザーもいます。
 


 

iOS14のウィジェット、Appleが課している制限

iOS14のウィジェットには、プライバシー保護とバッテリー消費の観点から、ユーザー保護のために多くの制限が設けられています。
 
ウィジェットの表示内容が完全に同期しておらず、若干のタイムラグが生じるのも、この制限によるものです。
 
Appleはウィジェット開発用フレームワークWidgetKitを提供するにあたり、「ウィジェットはミニアプリではない」と規定し、ウィジェットの作成のために開発者がアクセスできる機能を限定しています。
 
Apple WWDC2020 Widgetkit
 
ウィジェットは、バックグラウンドで短時間のうちにコンテンツをアップデートして、一定の間隔をおいて表示しています。コンテンツがアップデートされると、バックグラウンドのプロセスは完全に終了するため、ウィジェットがデータを収集することは不可能といえます。
 
Apple WWDC2020 Widgetkit
 
ウィジェットが無制限に常時動作可能であれば、プライバシーの問題だけでなくバッテリー消費とデバイスの動作にも大きな影響を及ぼすため、AppleはWidgetKitに動作上の制限を課しているのです。
 
そもそも、ウィジェットの有無に関係なく、キー入力内容を盗み出すことはiOSのセキュリティ構造であるサンドボックスによって保護されている、と9to5Macは付け加えています。
 
 
Source:9to5Mac
Photo:Apple (1), (2)
(hato)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる