2024年2月15日 サイトリニューアルを行いました。引き続きどうぞよろしくお願い申し上げます。

    ソフトバンク、ARMをNVIDIAに4兆円超えで売却

    ARM_Logo

    ARM_Logo
     
    ソフトバンクは9月14日、傘下の英半導体設計ARMを400億ドル(約4兆2,500億円)でNVIDIAに売却することで合意したと発表しました。

    ARM買収と平行してAI開発を推進

    ソフトバンクとNVIDIAは、NVIDIAがソフトバンクグループおよびソフトバンク・ビジョン・ファンドから、ARMを400億ドルで買収することで合意したことを明らかにしました。買収はNVIDIAの株式215億ドル相当と120億ドルのキャッシュと引き換える形で行われる見通し。
     
    NVIDIAはARM買収後も同社の本社を英国内(ケンブリッジ)に維持し、同本社に隣接する、人工知能(AI)開発を進めるための施設を新設するとしています。

    2016年にARMを買収したソフトバンク

    ソフトバンクは今年7月の時点で、ARMの完全または部分的な売却を検討していると報じられていました。
     
    ソフトバンクは2016年に英国を拠点とするARMを約320億ドルで買収、上場を廃止して完全小会社化していました。

     
     
    Source:Softbank via CNBC
    (lunatic)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします
    目次