Apple Watch向けGoogleマップが復活 - iPhone Mania
トップページ > Apple Watch > Apple Watch向けGoogleマップが復活
2020年9月10日 10時48分

読了まで 151

Apple Watch向けGoogleマップが復活

google-maps-apple-watch


 
Googleが8月に発表した通り、最新アップデートにより、GoogleマップApple Watchで再び利用可能になりました。

最新バージョンでApple Watchに対応

GoogleマップApple Watch向けアプリは、2017年5月にサポート対象外となり、Apple Watchでは同アプリが利用できなくなっていました。ただしGoogleは、将来的には再び対応する意志を明らかにしていました
 
そしてGoogleが先月発表した通り、最新バージョン5.52では、再びGoogleマップアプリがApple Watchで利用できるようになりました。

目的地はiPhoneで入力

Apple Watch Google Map
 
Apple Watch向けGoogleマップは、どこで曲がるかの指示と、到着予定時間に焦点を当てています。iPhoneのGoogleマップアプリに目的地を入力してナビを開始すると、Apple Watch向けGoogleマップアプリにも「現在の経路」と、その下に到着予定時間、移動の所要時間が表示されます。Apple Watchから直接目的地を入力することはできません。
 
目的地を設定したら、Apple Watch側で「移動手段」(徒歩、車、公共交通機関)を選択することができます。
 

移動手段を選択すると、画面に矢印のアイコンと詳しい説明(左折して○○通りに入る、など)が四角い枠内に表示され、道を進んでいくと次の枠へと切り替わり、音声とともに道案内をしてくれます。実際の地図は表示されません。
 
Apple Watch Google Map
 

 
 
Source:9to5Google
(lunatic)

カテゴリ : Apple Watch, 最新情報  タグ : , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる