2024年2月15日 サイトリニューアルを行いました。引き続きどうぞよろしくお願い申し上げます。

    フォートナイトに追い風?ロシアでApp Store手数料を制限する法案が提出

    Russian flag

    Russian flag
     
    米大手メディアReutersは、ロシア下院において、AppleやGoogleのアプリストアでの手数料を20%に制限する法案が提出されたと報じています。法案が可決された場合、米国でApp Storeをめぐり、Appleを提訴しているフォートナイト運営会社にとって、追い風となる可能性があります。

    App Storeの手数料をめぐる議論

    現在、AppleはApp Storeでのアプリ販売に対してデベロッパーから30%の手数料を徴収しており、一部からは「Apple税」と呼ばれています。
     
    Appleの手数料については、米国議会の独占禁止委員会メンバーが「高すぎる」と言及、また欧州委員会がAppleの調査を開始し、日本の公正取引委員会が「注目している」と発言するなど、世界各地で議論されています。
     
    iPhone等のiOS端末では、App Storeがアプリをダウンロードする唯一の方法であり、デベロッパーのホームページ等からアプリを直接ダウンロードすることは禁止されているため、デベロッパーとユーザーの不利益となっているとの意見もあります。

    ロシアで法案が提出

    Reutersによると、ロシアの下院では現地時間9月1日、AppleがApp Storeで徴収する手数料について、最大20%という制限を設ける法案が提出されています。
     
    さらに法案では、Appleが徴収する手数料の3分の1を、IT技術者を養成するための基金に納めるよう求めており、デベロッパーにとって有利な内容となっています。
     
    人気ゲーム、フォートナイトを運営するEpic Gamesは、App Storeを介さずにユーザーへ直接課金するシステムを構築した結果、App Storeからアカウントを削除され、Appleを提訴しています。Epic Gamesは、Appleの行為は反競争的であり、App Storeでの30%の手数料はユーザーにとっても不利益だと主張しています。
     
    もしロシアで法案が可決され、欧州や米国でも「Apple税」を問題視する風潮が更に高まった場合には、Epic Gamesにとって追い風となる可能性があります。
     
     
    Source:Reuters via 9to5Mac
    Photo:Dmitry Djouce / Flickr
    (seng)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします
    目次