トップページ > 最新情報 > Apple Watch S3後継の低価格モデルとAirPods3用SiPを生産中?
2020年9月5日 05時00分

読了まで 149

Apple Watch S3後継の低価格モデルとAirPods3用SiPを生産中?

AirPods 3_Apple Hub


 
台湾DigiTimesが有料配信会員向けのレポートで、Apple Watch Series 6とApple Watch Series 3後継の低価格モデル向けのSiP(System in Package:システムインパッケージ)の生産が始まっている、このSiPが2021年前半に発売予定の新型AirPods(第3世代)にも搭載されると伝えています。

競合製品対抗の低価格Apple Watchを発売か?

DigiTimesによれば、Apple Watch Series 3後継モデルが、低価格競合製品に対抗できる手頃な販売価格で登場するようです。
 
Appleのサプライヤーである台湾企業ASE Technologyが、Apple Watch Series 3後継モデルとApple Watch Series 6に搭載されるSiPの生産を始めており、2021年前半に発売される新型AirPods(第3世代)にもSiPが搭載されると、DigiTimesは伝えています。

著名アナリストも第3世代AirPodsへのSiP搭載を予想

AirPods Pro SiP
 
TF Securitiesのアナリスト、ミンチー・クオ氏も、「新型AirPods(第3世代)のパッケージングには、AirPods(第2世代)で用いられている表面実装テクノロジー(SMT:Surface Mount Technology)に代えて、SiPが搭載される」と伝えていました。
 
 
Source:DigiTimes via iPhone Hacks
Photo:Apple, Apple Hub/Twitter
(FT729)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる