トップページ > 最新情報 > iPhone12 Proのカメラは大型センサーを搭載、Deep Fusionも進化?
2020年9月5日 02時35分

読了まで 149

iPhone12 Proのカメラは大型センサーを搭載、Deep Fusionも進化?

iPhone12 Pro camera


 
テック系メディアTom’s Guideが、iPhone12 Proシリーズのリアカメラ用イメージセンサーはiPhone11 Proシリーズよりも大きなものとなり、画像処理システムDeep Fusionを用いた写真の画質が向上すると伝えています。

画素数は同じままでセンサーサイズを拡大か

Tom’s Guideは、iPhone12 Proシリーズのリアカメラにはソニー製LiDARと、iPhone11 Proシリーズよりも大きなイメージセンサーが搭載されると予想しています。
 
Samsungが現地時間8月5日に発表したGalaxy Note 20 Ultraは、標準1億800万画素、光学ズーム5倍のリアカメラを搭載しています。
 
同メディアは、「iPhone12 Proシリーズのリアカメラの画素数は1,200万画素にとどまる可能性が高く、光学ズームも2倍〜3倍と予想されるが、イメージセンサーが大きくなることで1画素あたりの有効面積が拡大し光を集めやすくなり、画像処理システムDeep Fusionを用いた写真の画質が向上する」と伝えています。

センサーサイズは1/1.76インチになる?

GSMArenaの予想では、iPhone12 Proシリーズの広角カメラに1/1.76インチのイメージセンサーが搭載される可能性があるようです。
 
iPhone11 Proシリーズは広角カメラに、1/2.55インチのイメージセンサーを搭載しています。
 
 
Source:Tom’s Guide, GSMArena(1), (2), ソニー
Photo:Michael Ma/Twitter
(FT729)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる