Apple、動画「プライバシー。これがiPhone」を公開

    Apple

    Apple
     
    Appleは現地時間9月3日、プライバシー保護に焦点をあてた動画「プライバシー。これがiPhone」を公開しました。この動画の内容は、登場人物がクレジットカード番号や閲覧履歴などの個人情報を、周囲の人々に言いふらすというユニークなものです。

    Apple、プライバシーに焦点をあてた動画を公開

    例えば、ある男性はバスの中で、その日に離婚弁護士のサイトを8つ見たと大声で公表します。レストランで食事をしている女性は、一緒に食事をしている他の2人に、3月15日の午前9時16分に出生前ビタミン剤と4つの妊娠検査薬を購入したと伝えます。日本向けの動画では、美顔器と4枚の補正下着を購入したことになっています。
     
    これらは明らかに、彼らのiPhoneの検索履歴に残っていると思われる情報です。

    プライバシーは、Appleの大切な理念の1つ

    Appleは、「共有すべきでないことがあります。だからiPhoneは、個人情報を自分でコントロールできるようにし、プライバシーを守るように設計されています」と述べています。同社はまた、「プライバシーは基本的人権であり、Appleの中心にある大切な理念の1つです」と繰り返し公言しています。
     
    2019年にラスベガスで開催されたCESでは、会場の近くに「iPhoneで起きたことは、iPhoneにとどまる」というフレーズの広告を出しています
     
    AppleのWebサイトにはプライバシーに関するページがあり、iMessagesのエンドツーエンド暗号化など、ユーザーのプライバシーを保護するための対策が記載されています。
     

     
     
    Source:MacRumors
    (m7000)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします
    目次