トップページ > iOS > iOS13.6.1でiPhoneのバッテリー消耗が激しい、発熱する場合の解決策
2020年8月30日 02時14分

読了まで 230

iOS13.6.1でiPhoneのバッテリー消耗が激しい、発熱する場合の解決策

iPhone バッテリー不足 hato


 
iOS13.6やiOS13.6.1にアップデートしてから、iPhone本体が熱くなる、バッテリーの消費が激しいといった指摘が一部のユーザーから挙がっています。実際に同様の症状に遭遇したiMoreの記者が、解決策をまとめているのでご紹介します。

iOS13.6、iOS13.6.1でiPhoneが発熱、電池消耗との声

7月15日(以下現地時間)に公開されたiOS13.6や、8月12日に公開されたiOS13.6.1をiPhoneにインストールしたユーザーの一部が、Appleのサポートコミュニティで「iPhoneが異常に熱くなる」「バッテリーの減りが早い」と報告しています。
 
以前は丸一日動作していたiPhone11 Proが熱を持ち、バッテリーの消耗が激しくなる現象に遭遇していたiMoreのクリースティーヌ・チャン氏が、解決策をまとめているのでご紹介します。
 
なお、YouTubeチャンネルiAppleByteのテストでは、iOS13.6.1のバッテリー消費は、過去のバージョンと大きく変わらない傾向がみられます。

 

1. iPhoneを再起動

まず、iPhoneの電源を切って、数分間置いてから再度、電源を入れてみましょう。これだけで問題が解決したユーザーもいます。

 

2. ネットワーク設定のリセット

再起動でも問題が解決しない場合、ネットワーク設定のリセットで解決する可能性があります。この操作により、Wi-Fi接続を再設定する必要があるのでご注意ください。
 
「設定」アプリから「一般」>「リセット」>「ネットワーク設定をリセット」と進み、パスコードを入力すればリセットできます。

 

3. すべての設定をリセット

この操作をすると、iPhoneの各種設定をリセットし、Apple Payに設定したカードが削除されます。データやメディアは削除されません。
 
「設定」アプリから「一般」>「リセット」>「すべての設定をリセット」と進み、パスコードを入力すればリセットできます。
 
なお、iMoreのチャン氏は、この操作を試したところiPhoneの発熱とバッテリー消費問題が解決したそうです。

 

4. すべてのコンテンツと設定を消去

最終手段とも呼べるこの方法は、iPhoneをいったん工場出荷時の状態に戻し、バックアップから復元します。
 
iPhoneのデータをパソコンまたはiCloudにバックアップし、復元する作業には、じゅうぶん時間に余裕を持って作業することをお勧めします。

 

5. iOS13.7を待つ

Appleは先日、iOS13.7のベータ1を開発者向けに、パブリックベータ1を登録ユーザー向けにリリースしています。
 
この秋にiOS14の正式版公開が控えていることを考えると、iOS13.7の一般ユーザー向け正式版はそう遠くないうちに公開されるとみられます。
 
 
Source:iMore
(hato)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる