トップページ > Apple Watch > 新型Apple WatchとiPadがユーラシア経済委員会に登録
2020年8月27日 02時37分

読了まで 217

新型Apple WatchとiPadがユーラシア経済委員会に登録

Apple Watch Edition S6セラミック、ミッドナイトブルーのコンセプト画像


 
Appleが、8モデルのApple Watchと7モデルのiPadを、ユーラシア経済委員会(EEC)の製品データベースに登録したことが判明しました。Consomacが発見、伝えています。

Apple Watch Series 6が近く発表か

登録が確認されたApple Watchのモデル識別番号「A2375」「A2376」「A2355」「A2356」はセルラーモデル、「A2291」「A2292」「A2351」「A2352」はGPSオンリーモデルだろうと、これまでの登録識別番号から推察されています。
 
時期的に考えて、これら8モデルのApple Watchは「Apple Watch Series 6」だと見ていいでしょう。
 
8月初めには、Apple Watch Series 6のものだと思われるバッテリーが、韓国のSafety Korea、デンマークのUL DEMKOに登録申請されたと報じられています。
 
EEC 登録

新型iPad Proと新型iPad Airの発表が近い?

またEECの製品データベースには、未発表のiPadのモデル識別番号「A2270」「A2316」「A2072」「A2324」「A2325」「A2428」「A2429」も登録されています。iPadのモデル識別番号は2つの書類に分けて申請されていることから、近く新しい2モデルのiPadが発表されると思われます。
 
米メディアMacRumorsは、同じiPadのセルラーモデルとWi-Fiオンリーモデルが別々の書類で申請されるというのは考えにくいことから、新型iPad Proと新型iPad Airを意味するのではないかと推測しています。
 
この報道についてリーカーのジョン・プロッサー氏も、「Apple Watch Series 6がリリースされる。iPad(2020)とiPad Air(2020)も登場すると思う」とツイートしています。
 

 
 
Source:Consomac via MacRumors
Photo:North’s Globe Concepts/Twitter

(lunatic)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる