Appleがフォートナイト問題で反論、運営会社CEOからの「要求」メールを暴露

    fortnite news

    fortnite news
     
    米大手メディアReutersは、人気ゲームアプリのフォートナイトがApp Storeから削除され、訴訟に発展したことに関し、Appleが反撃を開始したと報じています。
     
    Appleは裁判所への提出資料において、フォートナイト運営会社Epic Gamesが、App Storeでの「特別扱い」を要求していたことを明らかにしました。

    AppleがEpic GamesのCEOからのメール内容を公表

    Epic Gamesは、App Storeでのフォートナイトの利用再開を求めてAppleを提訴しています。
     
    このたび、Appleは反論資料として、Epic Gamesのティム・スウィーニー最高経営責任者(CEO)からのメールの内容を裁判所に提出し、Epic Gamesの訴えを却下するように求めています。
     
    米メディアCNBCによると、Epic Gamesのティム・スウィーニーCEOはAppleの上級副社長に対して、顧客への直接課金を可能とする「App Storeでの特別扱い」を認めて欲しいという趣旨のメールを6月30日に送付しており、提案が拒否された後に、Appleへの批判を開始した模様です。
     
    またAppleが提出した裁判資料によると、ティム・スウィーニーCEOは現地時間8月13日の午前2時、Appleに対し「Epic GamesはもはやAppleの課金制度には従わない」とのメールを送付し、その数時間後には顧客への直接課金の制度を強行しています。

    Epic Gamesの「自由の戦い」に痛手か

    Epic Gamesは、フォートナイト内においてアンチAppleイベントを開催しユーザーに対しSNS上でAppleとの戦いに参加するよう呼び掛ける等、Appleとの対決姿勢を強めており、App Storeの課金制度はデベロッパーとユーザー双方にとって不利益であると主張し、Appleとの対決を「自由の戦い」と表現しています。
     
    裁判資料により自社だけの「特別扱い」をAppleに要求していた経緯が判明したことは、Epic Gamesにとって大きな痛手となる可能性があります。
     
     
    Source:米国裁判所資料 via Reuters, 9to5Mac, CNBC
    Photo:フォートナイト
    (seng)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします

    この記事を書いた人

    海外経験を活かし2020年からライターとして活動中。日々のお得情報から海外事件まで幅広くカバー。iPhone12 miniを愛用し、iPhone歴通算10年、Android通算5年程度。格安ガジェット好き。

    特集

    [PR]オフィシャルサイト

    目次