2024年2月15日 サイトリニューアルを行いました。引き続きどうぞよろしくお願い申し上げます。

    Apple、「Safari Technology Preview 112」を開発者向けに公開

    Safari Technology Preview 107

    Safari Technology Preview 107
     
    Appleは現地時間8月18日、Safari Technology Preview 112を開発者向けにリリースしました。同ブラウザは4年前の2016年3月に初めて導入された実験的なブラウザで、Safariに将来的に導入される機能をテストするために設計されました。

    Safari Technology Preview 112、バグ修正とパフォーマンス改善

    Safari Technology Preview 112では、Webインスペクター、拡張機能、CSS、JavaScript、SVG、メディア、WebRTC、Web API、テキスト操作、及びストレージのバグ修正とパフォーマンス改善が行われています。
     
    現在のバージョンSafari Technology Preview 111は、macOS Big Surに搭載されるSafari 14に基づいて構築されており、他ブラウザよりインポートされたSafari Web Extensions、タブ表示、パスワード漏洩通知、Touch IDによるWeb認証などの機能をサポートしています。
     
    Safari Technology Previewの最新バージョンは、macOS Catalinaとこの秋にリリース予定のmacOS Big Surに対応しています。

    「ソフトウェア・アップデート」よりアップデートが可能

    Safari Technology Preview 112は、旧バージョンを使用している場合、システム環境設定の「ソフトウェア・アップデート」よりダウンロードができます。なお、アップデートの完全なリリースノートについては、Safari Technology Preview Webサイトで入手できます。
     
    Safari Technology Preview‌の目的は、ブラウザ開発プロセスに関する開発者とユーザーからのフィードバックを収集することです。同ブラウザは、既存のSafariブラウザと並行して実行することができ、開発者向けに設計されているものの、開発者アカウントがなくてもダウンロードが可能です。
     
     
    Source:MacRumors
    (m7000)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします
    目次