トップページ > 最新情報 > IE11のMicrosoft 365サポートが11月30日以降終了へ
2020年8月18日 11時20分

読了まで 154

IE11のMicrosoft 365サポートが11月30日以降終了へ

IE11 discontinue_02


 
現地時間2020年8月17日にMicrosoftが、Microsoft 365 blogを通じて、Internet Explore 11(IE11)のMicrosoft 365サポートを2020年11月30日以降順次終了すると発表しました。

今後の日程

IE11 discontinue_01
 
発表によれば、IE11を使用したMicrosoft 365の利用において、2020年11月30日以降はWebミーティングサービス「Microsoft Teams Webアプリ」が使えなくなります。その後、2021年8月17日にはMicrosoft 365アプリと全てのサービスで、IE11の利用が出来なくなります。
 
Microsoftによれば、2021年8月17日にIE11を使用してMicrosoft 365の機能が利用できなくなる、特定の機能が動作しなくなる可能性があるとのことです。
 
同社はまた、2015年7月にWindows 10の既定ブラウザとしてリリースされた「Microsoft Edge Legacy」に対するセキュリティ更新プログラムの提供を、2021年3月9日に停止します。

今後はChromiumベースのEdge利用を推奨

2020年1月15日に公開された新しいChromiumベースのEdgeには「IEモード」があり、企業のレガシーアプリなどはこのモードで稼働させることができます。
 
IE11でMicrosoft 365を利用しているユーザーは、早めにChromiumベースのEdgeに移行することが推奨されています。
 
 
Source:Microsoft 365 blog via Tom’s Hardware
Photo:WebdesignerDepot
(FT729)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる